60年ぶり予選敗退の憂き目 06年優勝メンバーが強調「再建にはクラブの関与も必要」

 

 イタリア代表はロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフでスウェーデンに敗れ、60年ぶりに予選敗退の憂き目に遭った。2006年ドイツ大会で優勝メンバーに名を刻んだ一人であり、イタリアサッカー界のレジェンドでもある元代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロ氏は、「再建にはクラブの関与も必要だ」と呼びかけた。

 

 イタリアは現地時間13日にホームで行われたスウェーデンとの第2戦をスコアレスドローで終え、2戦合計0-1で1958年大会以来の予選敗退が決定。衛星放送「スカイ・スポーツ」で解説者を務めるデル・ピエロ氏も、「前回にこうした事態になった時、我々(サッカー関係者)のほとんどは生まれてもいない。これから何が待ち受けているのか、想像もできない」とショックを隠せなかった。

 

 イタリア王者ユベントスのエースとしても活躍してきたデル・ピエロ氏。カルチョ復活に何が必要かと問われると、「再建するのは簡単なことではない」と前置きし、自らの考えを述べた。

 

「自分自身も、イタリアサッカーのシステムに足りないことを探していきたい。国外からメソッドを導入していく必要もあるだろう。もちろん、それをイタリアの持っているシステムと順応させながら取り組むことが必要になるはずだ。イタリアサッカーを再建していくためには、クラブの関与も必要だ」

 

 

数々の名手が去り、その力も急激に衰退

 

 06年大会の優勝メンバーには、デル・ピエロ氏のほか、この日もゴールを守ったGKジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス)、すでに引退したフランチェスコ・トッティ氏やファビオ・カンナバーロ氏、今季限りでの引退を表明しているMFアンドレア・ピルロ(ニューヨーク・シティ)といった世界トップクラスの選手たちがいた。いずれも1990年代後半から2000年代前半にかけ、セリエAが世界最強リーグとされた時期にクラブでも中心選手として活躍してきた名手たちだ。

 

 しかし、現在のメンバーにはUEFAチャンピオンズリーグで上位まで勝ち残るようなクラブでの絶対的なレギュラーは数少ない。ここ数年で2回の決勝進出を果たしているユベントスの守備陣を除けば、優勝当時のメンバーに比べると小粒感は否めない。黄金時代の選手たちがピッチを去るにつれ、イタリア代表は急速にその力を落としてきている。

 

 デル・ピエロ氏は、育成メソッドの輸入とクラブが代表チームの強化に関与することの必要性を説いた。リーグ全体が欧州での競争力を失いつつある今、イタリアサッカー界は栄光の歴史を復活させる土台作りを進めなければならない。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

 

フットボールゾーンウェブ