LINE株式会社が配信する「LINE LIVE」内の番組「さしめし」。その11月14日(火)の放送に、11月25日(土)公開の映画『覆面系ノイズ』で共演する、志尊淳と小関裕太が登場。「さしめしワゴン」に乗って、同作品の魅力をPRした。

このニュースのポイント

・「LINE LIVE」オリジナル番組の「さしめし」に志尊淳と小関裕太が登場
・11月25日(土)公開の映画『覆面系ノイズ』の魅力をPRした
・11月15日(水)の放送では、キッチンスタジオで料理に挑戦
・「志尊小関の質問箱」ではユーザーの質問にも回答する

■『覆面系ノイズ』についての記事を読む

序盤からテンション高めの2人は、まくし立てて話す話す。住んでいる場所や年齢などを質問して、“さしとも(ユーザー)”とコミュニケーションをとります。

明日が誕生日という“さしとも”には、小関くんがアカペラで「Happy Birthday」をプレゼントする一幕も。

ユーザーがスクリーンショットを撮影する「スクショタイム」には、ユーザーからの「ぶりっ子ポーズ」リクエストに、なぜか「いぶりがっこポーズ」をやろう、と小関くん。いぶりがっこがよく分からないままノリでポーズを決める志尊くんの姿も見られました。

15歳のときにライバル校のキャラクターで共演して、久しぶりの共演がうれしいというエピソードも飛び出します。

今回の「さしめし」は、15日(水)に放送の後半パートとしてキッチンスタジオで作ったというドロップクッキー。画面越しに“さしとも”にあーんをしたり楽しみながら、「おいしい!」とクッキーを食べる2人。小関くんから志尊くんにクッキーを「あーん」する姿も。

突然、アルプス一万尺が始まるなど、仲のよさが伝わる自由な空気感は、2人のプライベートをのぞいているよう。

「(アルプス一万尺を)見せたの初めてよ」と志尊くん。現場でもこんなことばっかり、と、メイク中などにアドリブで歌っていたという様子を2人で再現。とにかく歌うのが好きな様子が伝わってくる。

「恋バナ」してというリクエストには、山手線ゲームで女性の好きな仕草やパーツを言い合って、負けた小関くんがカメラに向かって告白を…。

250万いいねを達成した後半では、『覆面系ノイズ』の予告編に合わせて中継風のアテレコも披露した。

11月15日(水)20時からの放送では、「さしめしワゴン」に乗る前にキッチンスタジオで収録したという、ドロップクッキー作りと、見てのお楽しみという“あるもの”を作った模様をお届け。さらに、Twitterに寄せられた質問に回答する「志尊小関の質問箱」のコーナーもあり、盛りだくさんの内容に。
https://live.line.me/channels/21/upcoming/6030865

【志尊淳プロフィール】
2011年、俳優デビュー。EX「烈車戦隊トッキュウジャー」(14年)の主演・ライト/トッキュウ1号役を務め、注目を集める。以降も、ドラマ・映画・CMと活躍の幅を広げる。映画『覆面系ノイズ』では「ユズ」役で出演。

【小関裕太 プロフィール】
NHK『天才てれびくんMAX』(06~08年)のテレビ戦士として活躍するなど、子役としてキャリアをスタート。以降、数々のドラマ・映画・舞台に出演。映画『覆面系ノイズ』では「モモ」役で出演。