国際親善試合が14日に行われ、日本代表は0-1でベルギー代表に敗れた。

 試合後のインタビューに応じたDF長友佑都(インテル)は、「良いゲームができた」という手応えを感じつつ、結果に悔しさを滲ませた。

「前半からチームが1つになって、集中して良いゲームできましたけど、負けは負け。悔しいです」

 また、敗因として「チャンスを決めきる力の差」を挙げた。

「決めるべきところを決められました。僕らもチャンスはありましたが、決めきれないのが差です。ワールドカップまで試合数がないので、1試合1試合大事にしたいです。次の代表に選ばれるように頑張ります」

ベルギー戦に出場した長友佑都 [写真]=VI Images via Getty Images