14日、国際親善試合・ベルギー代表戦が行われ、日本代表は0-1で惜しくも敗れた。

 試合後、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「しっかりとポジションをとってゲームに入れていたので結果は少し残念。(失点の場面は)3、4人と簡単に抜かれたのが残念だった。我々は負けに値しなかったと思うが、これがフットボール。ブラジル戦では相手をリスペクトし過ぎて前半20分が良くなかった。今回は我々がゲームを支配し、得点チャンスもあったがゴールは入らなかった」と試合を振り返った。

ハリルホジッチ監督は「試合を支配していた」と振り返った [写真]=Getty Images