14日はハム増井、西武野上が行使を表明

 プロ野球は14日、フリーエージェント(FA)権行使の宣言期間が終了した。最終日は日本ハムの増井浩俊投手と西武では野上亮磨投手が国内FA権の行使を宣言。一方、日本ハムの中田翔内野手は今季取得した国内FA権を行使せず、残留することを表明した。

 今オフもFAに関しては複数の選手の動向が注目された。結果、オリックスの平野佳寿、ロッテの涌井秀章が海外FA権の行使を表明。両投手ともメジャーリーグへの移籍を目指す見通しだ。また、同じく海外FA権有資格者では日本ハムの大野奨太捕手、ソフトバンクの鶴岡慎也捕手が行使を宣言した。一方、阪神の大和内野手は国内FA権の行使を表明している。

 中田をはじめ、ソフトバンク川島慶三内野手、中日の谷元圭介投手、日本ハムの宮西尚生投手、矢野謙次外野手らが残留を決断する中、FA権行使を宣言した選手たちの去就はどうなるのか。今後の動向から目が離せない。(Full-Count編集部)

海外FA権を行使したロッテ・涌井秀章【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】