世界ランク5位にシュート11本、海外メディアは「行き詰まり打開する十分な決定機」も…

 サッカー日本代表は14日(日本時間15日)、世界ランク5位のベルギー代表と対戦し、0-1で惜敗。ブラジル代表に続く、欧州遠征を2連敗で終えた。この日は11本のシュートを放ち、決定的チャンスを作りながら、ゴールネットを揺らせず。海外メディアは「ひと握りのチャンスをものにてきないことを露呈」と指摘している。

 善戦はした。1点差。しかし、0-1。最後の最後までゴールネットを揺らすことはできなかった。日本はベルギーの12本に対し、11本とシュートは互角に放った。それでも、守備陣が無失点でしのいでいた後半27分にFWルカクに先制点を献上。直後の32分にFW杉本が相手のミスから攻め上がり、GKと1対1の状況になったが、やや打ち急いだ格好で相手GKに阻まれた。

 結局、ロシア・ワールドカップ(W杯)のV候補相手に決定的チャンスも生かすことができず、相手の先制点がそのまま決勝点になった。海外メディアは0-1で終わった試合に両者の違いを分析している。

 英紙「デイリー・メール」は「ベルギーは決して本調子というわけではなかった」としながら、ベルギー代表の通算単独最多得点「31」を樹立したルカクは決定機を逃さず。記事では「日本の守護神エイジ・カワシマから淡々と奪い、きっちりと勝利を手繰り寄せた」と“赤い悪魔”の強さに舌を巻いている。

日本とは対照的な“赤い悪魔”の勝負強さ「盤石に結果残すチームになっている」

 一方、「日本は大人しいスタートとなったが、ユウヤ・オオサコ、マヤ・ヨシダがヘディングでゴールに迫り、それは共に彼らアウェイチームの行き詰まりを打開するに十分な決定機だった」と得点機はあったと分析。それでも「最終的には一握りのチャンスをものにできないチームであることを露呈してしまった」と詰めの甘さを指摘している。

 英公共放送「BBC」は「間一髪のところで辛勝を収めたベルギーだったが、実際にこれで無敗記録を15戦に伸ばしたのも事実だ」と記述。「最後に負けたのは昨年9月に行われた国際親善試合のスペイン戦まで遡ることになる。圧勝でなくとも、磐石に結果を残すチームとなってきている」と日本とは対照的な“赤い悪魔”の勝負強さを称賛している。

 ブラジル戦は1-3の完敗。ベルギー戦は0-1の惜敗。ともに内容は異なるが、共通するのは世界トップレベルとの差は、まだまだあるということ。本田圭佑、香川真司、岡崎慎司と「BIG3」を招集せずに挑んだ今回。貴重な経験を、実戦も残り少ないロシアW杯までの糧にしたい。

【動画】日本を破った怪物FWに熱狂、ぶ然ハリル監督の姿も…「Stadion」公式ツイッターが紹介した得点直後にFWルカクが万雷の拍手で退く瞬間

【動画】日本を破った怪物FWに熱狂、ぶ然ハリル監督の姿も…「Stadion」公式ツイッターが紹介した得点直後にFWルカクが万雷の拍手で退く瞬間

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer