(©ニュースサイトしらべぇ)

十種競技で優勝、世界マスターズ陸上リレーで優勝するなど、アスリートとしても活躍する武井壮(44)が、14日放送『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)で「運動神経で女性を選ぶ」と語り、話題となっている。

■異性の好みが変化

自覚はなかったが、「異性の好みが変わってきた」と指摘される武井。

顔や性格ではなく、「クラウチングスタートの姿勢で太ももの筋肉が膨張している姿」や「バレーボールでスパイク後の着地を柔らかに決めたとき」など、「運動能力に惹かれるようになった」と明かす。

付き合っていた陸上選手から「私の足が速いから付き合っているんでしょ」と尋ねられ、そこでは否定したが、よくよく考えれば「女性を遺伝子で選別している」かもと熱弁。

明石家さんま(62)も「女性側の遺伝になるから、運動能力が高い女性と結婚したかった」と武井の意見に賛同した。

■最強遺伝子は…

「最強の遺伝を見つけたい」武井に、周囲は霊長類最強女子・吉田沙保里(35)を勧めるが、イケメン好きを公言している吉田だけに武井も及び腰。

「前回の収録でも(さんまからお似合いだと)勧められたが、一切連絡先を聞いてこない」と愚痴ると、「それは男から聞いてきてよ!」と乙女の一面をのぞかせ、スタジオを盛り上げた。

■視聴者も興奮

陸上選手として功績を残し、頭の回転も速い武井と、レスリングでオリンピック3連覇の最強女子・吉田。2人の遺伝子に期待する視聴者が続出した。

https://twitter.com/j7Vejr8WNqrGZqZ/status/930397963486093312

突然、降ってわいた「最強遺伝子カップル」について武井も前向きに検討しているようだ。

■生まれた時点で「格差」はある

しらべぇ編集部で、全国20~60代男女1,365名に「生まれた時点で格差があるか」調査。68.0%が「格差があり」と回答した。

(©ニュースサイトしらべぇ)

スポーツや芸術分野では特に「遺伝子」が重要視される。美を追求するバレエなど、親や祖母から遡り、先祖の遺伝子を調査して適性をはかるほどだ。

武井と吉田、2人の遺伝子が交われば日本スポーツ界に「大きな希望」が誕生する可能性は高いだろう。何よりも2人の意思が大切だが、もし実現すれば、スポーツファンにとって途轍もない朗報ではなかろうか。

・合わせて読みたい→「勝てる気がしない」吉田沙保里が勝負を挑んでくるポケモンCMが話題

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日
対象:全国20代~60代の男女1,365名 (有効回答数)

武井壮「運動神経で女性を選ぶ」 吉田沙保里との霊長類最強遺伝子カップルに期待の声