2017年11月20日付の総合アルバム・チャート“Hot Albums”では、安室奈美恵のベスト・アルバム『Finally』が総合首位を獲得した。

 デビュー曲から最新シングルまで、さらにはパッケージ初収録となる楽曲や新曲も含む全52曲を集めた『Finally』。大きな話題となった引退発表以降、総合ソング・チャート“JAPAN HOT100”を賑わせた既発曲も多数収録している本作は、初動3日間で641,712枚、初週累計では1,039,484枚を売り上げて、パッケージ・セールス部門を大差で制した。また、ルックアップでも2位以下を寄せ付けないポイントで1位となっていることから、収録内容自体の訴求力の高さが窺え、未定となっているダウンロード配信が始まれば、さらなる広がりを見せ、ロングヒットに繋がる可能性は高いといえる。

 前週、総合アルバム首位を獲得した米津玄師『BOOTLEG』は、リリース2週目も好調を維持。38,563枚を売り上げてパッケージ・セールス2位、8,623ユニットでダウンロード3位、ルックアップでも3位と、軒並み高い順位をマークして、総合アルバム2位となっている。パッケージのリリース前から、収録曲が動画再生やTwitterにより、“JAPAN HOT100”上位にチャート・インしていた本作。デジタル領域でのマーケティングがパッケージの売上にもしっかり反映されていることが、チャート・アクションからも読み取れることができる。

 BiSHのメジャー2ndアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』は、11月4日と5日の2日間、タワーレコード限定で無告知販売され、前週総合9位にチャート・イン。そして翌週、11月6日限定でiTunes Store先行配信となり、18,012ユニットを稼いでダウンロード1位、総合アルバムでは3位まで順位を上げた。

 総合4位は、テイラー・スウィフトの6thアルバム『レピュテーション』。パッケージ・セールス3位、ダウンロード2位、ルックアップ9位となっている。続く総合5位は、ポルカドットスティングレイのメジャー1stアルバム『全知全能』。パッケージ・セールス5位、ダウンロード5位、ルックアップ12位となっている。


◎【Hot Albums】トップ10
1位『Finally』安室奈美恵
2位『BOOTLEG』米津玄師
3位『THE GUERRiLLA BiSH』BiSH
4位『レピュテーション』テイラー・スウィフト
5位『全知全能』ポルカドットスティングレイ
6位『ミュージカル『刀剣乱舞』~三百年の子守唄~』刀剣男士 formation of 三百年
7位『「untitled」』嵐
8位『SAMURAI SESSIONS vol.2』MIYAVI
9位『Play』SUPER JUNIOR
10位『レッド・ピル・ブルース』マルーン5
11位『Fin』10-FEET
12位『THE GIFT』Hi-STANDARD
13位『FINE COLLECTION ~Begin Again~』東方神起
14位『THE DREAM QUEST』DREAMS COME TRUE
15位『明菜』中森明菜
16位『Cage』中森明菜
17位『がらくた』桑田佳祐
18位『倉木麻衣×名探偵コナン COLLABORATION BEST 21-真実はいつも歌にある!-』倉木麻衣
19位『Vu Ja De』細野晴臣
20位『アンコール』back number

【ビルボード】安室奈美恵『Finally』がミリオン突破で総合アルバムも制す 2週目の米津は2位