2017年F1第19戦ブラジルGPがアウトドローモ・ホセ・カルロス・サーキット(4.309km、周回数71周)で開催されました。

詳細画像はこちら

決勝前日に行われた予選では、Q1でルイス・ハミルトン(メルセデス)がまさかのクラッシュ。マシンの修復とフレッシュエンジンへの交換を行い、決勝はピットレーンからスタートすることになりました。

そしてポール・ポジションを獲得したのは、チームメイトのバルテリ・ボッタス。2番手セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、3番手キミ・ライコネン(フェラーリ)が続きます。

詳細画像はこちら

昨年のブラジルGPは悪天候でしたが、今年は最高のレース日和に!

引退を発表し最後の母国GPとなったフェリペ・マッサ(ウィリアムズ)は、フォーメーションラップ中に「素晴らしい気分だよ。みんなありがとう。」と無線でチームに感謝の気持ちを伝えました。レース前から泣かせないでー(涙)。

詳細画像はこちら

好スタートをきめたベッテルはボッタスのインをつき、首位に浮上! 2番手ボッタス、3番手ライコネンと順位が入れ替わりました。

後方ではダニエル・リカルド(レッドブル)、ストフェル・バンドーン(マクラーレン)、ケビン・マグヌッセン(ハース)が絡み、リカルドがスピンオフ。バンドーンとマグヌッセンはリタイアとなってしまいました。

詳細画像はこちら

同じく1周目、エステバン・オコン(フォースインディア)とロマン・グロージャン(ハース)がターン6で接触。オコンはタイヤバリアにクラッシュしリタイアとなり、F1デビューから連続完走27戦の記録がここで途絶えることに……。

これらの事故処理のためセーフティカーが導入され、ブラジルGPは波乱の幕開けとなりました。

詳細画像はこちら

レースは6周目に再開。順調に進んでいきます。

上位勢で最初に動いたのは2番手のボッタス。27周目にスーパーソフトタイヤからソフトタイヤに交換。その翌周、首位ベッテル、4番手フェルスタッペン、さらにその翌周には3番手のライコネンがピットインし、ボッタスと同じくソフトタイヤに交換しました。

上位勢と異なるタイヤ戦略で脅威の追い上げを見せ、21周目には5番手まで挽回したハミルトンはステイアウト。暫定首位に浮上しました。

さらにレースは順調に進み、43周目にステイアウトしていたハミルトンがピットイン。ソフトタイヤからスーパーソフトタイヤに履き替え、5番手でコースに復帰しました。

新品のスーパーソフトタイヤでどこまで上位勢に近づくことができるのか、注目です。

詳細画像はこちら

59周目、タイヤに苦しむフェルスタッペンをターン1でパスし、ハミルトンが4番手に浮上。

その後もタイヤの不調を訴え続けるフェルスタッペンは、62周目「タイヤ交換したいと」たまらずピットイン。スーパーソフトタイヤに交換し、順位を変えることなくコースに復帰しました。

詳細画像はこちら

ファステストラップを刻みながら前を走るライコネンに迫るハミルトンは、65周目でついにライコネンの1秒以内に入り、接近戦に! 抜くの? 抜かれるの? とドキドキの展開でしたが、なかなか決定的なチャンスは訪れませんでした。

そして2番手から好スタートを決め、完璧な走りで首位を守りきったベッテルがトップチェッカーを受けました。ベッテルの優勝は第11戦ハンガリーGP以来。スローダウンラップ中にドーナツターンを披露し、喜びを爆発させました。

詳細画像はこちら

最後の母国GPとなったマッサはゴールの瞬間までフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)、セルジオ・ペレス(フォースインディア)と激しい7番手争いを繰り広げるも、見事ポジションを守りきり7番手フィニッシュとなりました。

ゴール後、息子のフェリピーニョ君が無線で「パパのことを誇りに思うよ」とメッセージを送り、マッサも「ありがとう、大好きだよ」と返答。もう、この時点で涙腺崩壊寸前です(涙)。

詳細画像はこちら

表彰式終了後、嬉しいサプライズが待っていました! なんと、ブラジル出身の元F1ドライバー、ルーベンス・バリチェロとマッサがポディウムに登場したのです!!

「応援してくれたみなさん、本当にありがとう。今日は感傷的になりました。たくさんのサポートでパワーをもらえることができ、本当に素晴らしいレースになりました。チームの皆にも感謝しています」

と感謝の気持ちを伝えたマッサ。これにはサーキット中が大盛り上がりで、鳴りやまない「フェリペコール」に涙が止まりませんでした。

まだ残り1戦ありますが…フェリペ、たくさんの感動をありがとう! そして15年間、本当にお疲れ様でした。最終戦アブダビGPも素晴らしいレースになりますように!!

ブラジルGPリザルトは以下の通りです(ポイント圏内のみ)。

順位/No./ドライバー/チーム
1/#5/セバスチャン・ベッテル/フェラーリ
2/#77/バルテリ・ボッタス/メルセデス
3/#7/キミ・ライコネン/フェラーリ
4/#44/ルイス・ハミルトン/メルセデス
5/#33/マックス・フェルスタッペン/レッドブル
6/#3/ダニエル・リカルド/レッドブル
7/#19/フェリペ・マッサ/ウィリアムズ
8/#14/フェルナンド・アロンソ/マクラーレン
9/#11/セルジオ・ペレス/フォースインディア
10/#27/ニコ・ヒュルケンベルグ/ルノー

(yuri)

鳴り止まない「フェリペコール」に感動!フェリペ・マッサ最後の母国GP【2017年F1第19戦ブラジルGP】(http://clicccar.com/2017/11/15/531545/)