長谷部に代わってインサイドハーフで先発 「ある程度はできた」と手応えつかむ

 

 日本代表デビューを果たしたMF長澤和輝(浦和レッズ)は、0-1で敗れた現地時間14日の国際親善試合ベルギー戦での立ち上がりのハイプレスについて、「相手の嫌がることをする」狙いがあったと明かした。

 

 長澤は主将のMF長谷部誠(フランクフルト)が先発から外れたこのゲームで、インサイドハーフのスタメンに抜擢。このゲームではチーム全体が前半の開始直後からハイプレスに打って出て、それが功を奏してチャンスを作る場面を迎えた。その狙いは、相手の立場に立った時の考え方から来るものだったと話している。

 

「立ち上がりは相手もボールが足に付かない部分があるし、自分たちも前から来られたら嫌だから、相手の嫌がることをしようと」

 

 バヒド・ハリルホジッチ監督も守備のオーガナイズについて前向きなコメントを残したこのゲームは、デビュー戦となった長澤にも手応えのあるものになった模様だ。周囲とのコミュニケーションについて「距離感の問題は試合中にも前後の選手と確認しましたし、やりやすかったです」と振り返った長澤は、プレスの連動性について戦術的な約束事があったと話している。

 

「ボールを持ち運んでくる選手に対しては、ある程度まで来たら制限をかけようと。自分たちがコンパクトにできる守備をしようとしたが、ある程度はできたと思う。大迫選手を中心にするというか、前線は大迫選手がスタートの合図になる。大迫選手が行ったところで、後ろが連動していく。後ろが遅れると間延びして、そこから行かれてしまうので」

 

 

ACL決勝へ「頭を切り替えて…」

 

 1トップのFW大迫勇也(ケルン)は、長澤がケルンでプレーしていた際のチームメイトだった。代表合宿に合流後もコミュニケーションを取っていたと明かしていたが、その動きを理解している長澤は、デビュー戦にもかかわらず大迫の動きに遅れることなく連動し、守備に穴をあけなかった。ハリル監督も長澤のプレーを称賛し、代表定着に近づいた感がある。

 

 その長澤は、このベルギー戦から中3日となる18日に、所属の浦和でAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第1戦、敵地アル・ヒラル(サウジアラビア)戦に臨む。この日、62分間のプレータイムだった長澤には、良好なコンディション調整と、アジアの頂点を決める舞台でのベストパフォーマンスが期待される。

 

「今回の試合の反省もありますけど、頭を切り替えてアジアを取りに行く目標がある。次の試合に良い準備をしたい」

 

 長澤は、すでにアジア王者へ向けた戦いに頭を切り替えている。中東の地に乗り込み、ハリル監督から高く評価された“デュエル”を武器に浦和を10年ぶりの優勝へと導いていくつもりだ。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

 

フットボールゾーンウェブ