バルセロナ加入の噂が絶えないリヴァプールのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが、母国の偉大な先輩から移籍を強く勧められた。

 コウチーニョにメッセージを贈ったのは、元ブラジル代表FWロナウジーニョだ。かつてバルセロナで輝きを放ったファンタジスタは、イギリスメディア『スカイスポーツ』でのインタビューで、後輩コウチーニョの移籍に太鼓判を押した。

「コウチーニョのプレースタイルは、バルセロナに完璧にフィットすると思っている。実際にサインしたら、個人的にも嬉しいね。自分が何年もプレーしたチームのユニフォームを、彼のようなクオリティーの高い選手が身に纏う姿が見られれば最高だ」

 一方、ブラジル代表でのコウチーニョにも言及したロナウジーニョは、2018 FIFAワールドカップ ロシアで大会制覇の原動力になると期待を寄せている。

「僕はコウチーニョのプレーを気に入っている。創造的でチャンスを生み出すスタイルは、ブラジルのW杯制覇を助けてくれることだろう」

 今夏の移籍市場では、2億ユーロ(約266億円)とも言われるリヴァプールからの要求額を前にコウチーニョの獲得を断念したバルセロナ。だが、選手本人と相思相愛の関係にあると見られており、冬の移籍市場では再び獲得に向かうことが確実視されている。ロナウジーニョが望む通り移籍が成立するのか、年の瀬が近付くに連れて注目が高まることは間違いないだろう。

文=北村敦

ロナウジーニョ(右)がコウチーニョ(左)について語った [写真]=Getty Images