大人になったら読めなくなるというピーター・パンの絵本がTwitter投稿され、注を集めている。

画像をもっと見る

この絵本は、日が経ち色褪せると、ピーター・パンなどネバーランドにまつまる人や物が消えてしまうというもの。ピーター・パンティンカー・ベルがを飛ぶシーンではと建物だけが残り、全てが消えて白紙になるページもある。ロンドン時計並みなど現実世界に存在している物はインク、それ以外は本が日焼けした時の色で表現。これにより、子どもの頃に見えていたものだけが日焼けと同化して見えなくなり、現実世界のものだけが残る仕組みとなっている。内容は、原作を参考にしつつ小さい子どもにも読みやすいよう要約されている。


“いつでも読める”という本の常識を覆す絵本を製作したのは、美大生のさん。「新しい読書体験を考える」という学校の課題に対し、積読が多かったさんは、「いつか読むことができなくなる本があれば、より読む事のできる時間を大切にできるのではないか」と考え、今回の絵本を発案した。


渡された子供大人になる頃には内容が見えなくなるという絵本にTwitterでは称賛のが殺到。「切なさもあるけどそれがとても素敵な絵本」「文字が消えても、初めて読んだときの感動やその頃の思い出とともに、大事なことは心に残ることを学ぶ」「大人になんかなりたくない… 」「これぞ子供バーランドを表してる絵本だって感じですね」といったコメントが寄せられ、大きな反となっている。


この絵本は製作の初期段階で、めて装丁や内容をブラッシュアップし、体裁が整い次第販売する予定とのこと。さんは、ピーターパン以外の物語もいずれは「ピーターパンブックス」としてシリーズ化してきたいとっている。






画像提供:おかゆ(@annko64)さん