数々の“終末予言”がネットをにぎわせている昨今だが、いずれも“その日”が直近になっているのが最近の傾向だろう。すでに我々は終末の時代に突入しているのだろうか。そして最新の終末予言では、この世の終わりが来年の5月に設定された。


■マンソン氏「地球とニビルは2018年5月に同じ場所にいる」

 今年の9月23日から10月中旬までに謎の惑星“ニビル”が地球に再接近、あるいは衝突してこの世が終末に向かうと予言したのは聖書研究家のデイビッド・ミード氏だが、ほかにもニビルの到来を予測している人々がいる。

 アルゼンチン・ブエノスアイレスのダニエル・マンソン氏もまたニビル研究家の1人だ。そしてマンソン氏によればニビルの地球への衝突は今から半年後の2018年5月であるという。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/11/post_15169.html】

 トカナ読者ならご存じの通り、ニビル(あるいはプラネットX)は知られざる太陽系惑星で、急カーブの楕円軌道を描いて太陽の周りを3000年ほどかけて公転しているといわれている。太陽系の惑星でありながら公転周期のほとんどの時期で遠く離れた系外にあるため特定が難しく、公式には存在が確認されていない。

 ニビルが太陽系内に突入すれば地球とのニアミス、あるいは最悪の場合衝突し、地球上に大災厄がもたらされることは火を見るよりも明らかだ。ある程度距離を隔てた最接近であったとしても、重力の影響によって地震や大規模噴火、場合によってはポールシフトが起こり地球上の環境が激変し人類を含む生物の大量絶滅へとつながる。

 そしてダニエル・マンソン氏によれば現在、ニビルは金星の軌道上にあるという。

「私は地球がニビルに直面することを確信しています。なぜなら今、ニビルは金星の軌道にいるからです」(ダニエル・マンソン氏)

 現在、ニビルは太陽の反対側にあって遠く離れているものの、半年あまりで地球に最接近するということだ。その際、ニビルは地球の下方から32度の角度で接近してくるという。

「地球とニビルは2018年5月に同じ場所にいるでしょう」(ダニエル・マンソン氏)

 マンソン氏は11月12日のTwitterへの投稿で、太陽系の図を描いてニビルがどのようにして地球に接近してくるのかを解説している。

「ニビルの速度は非常に遅いので、ニビルが太陽系内を通過する間、地球は数回ニビルに接近します」(Twitterより)


■ニビル到来の前に国際金融危機と熱核戦争が起きる?

 そして不気味なことに英紙「Express」によれば、マンソン氏はニビルが最接近する来年5月の前に、ニビルの災厄に匹敵する2つのことが起こると言及している。それは国際金融危機と熱核戦争である。

「2018年にニビルがやって来るのは確かですが、その前に2つのことが必ず起こります。1つ目は国際金融システムの崩壊で、2つ目は熱核兵器(水素爆弾)が使われる第三次世界大戦です。どちらもニビル到来の前に必ず起こります」(ダニエル・マンソン氏)

 国際金融危機と第三次世界大戦という“人災”がニビルの先に来るというのは現在の緊迫した国際情勢に鑑みても不吉この上ない予測だ。

 一方でこの秋の“ニビル騒動”の張本人であるデイビッド・ミード氏はこの世が一度“終わって”も人類は再び文明を再建できるのだと最近になって英紙「Daily Star」に話している。

「ニビルの影響は地球全体の3分の1から2分1の範囲内にとどまります。抜本的な再建活動が求められますが、人類が滅亡するレベルの出来事ではありません」(デイビッド・ミード氏)

 そして「ヨハネの黙示録」によれば、この“終末の日”の後に千年の平和である“ミレニアム”が到来するという。

「したがって、これらの“終末の日”のイベントは世界が終わる出来事ではありません。そして人類が進歩を遂げる前に、おそらく7年間の“艱難(かんなん)時代”があるでしょう」(デイビッド・ミード氏)

 つまり、壊滅的な人災と自然災害の後の7年間に、人類の苦難は訪れるものの、再び文明の再興に着手できるということだ。聖書的には未来への明るい希望になるということだろうか。それよりもまず我々はニビル接近前の“人災”をなんとしてでも食い止めなくてはならないのだろう。
(文=仲田しんじ)


※イメージ画像:「Thinkstock」より

イメージ画像:「Thinkstock」より