動画プラットフォーム「niconico」を運営するドワンゴは11月30日、新バージョン「niconico(く)」(読みは「クレッシェンド」)について謝罪。今後の見通しを改め、画質や重さの問題に対する具体的な改善策を実施すると発表した。

【その他の画像】

 ドワンゴは11月28日、六本木・ニコファーレで新サービス発表会を実施。新インタフェース「nicocas」とその新機能について発表したが、ユーザーが望む画質と速度の改善が果たされておらず、反応は冷ややかだった。発表会終了後、ドワンゴの栗田穣崇取締役のTwitterにも批判や意見の投稿が押し寄せる“大荒れ”の発表会となっていた。

 ユーザーの反響を受け、ドワンゴは(1)新バージョンのリリース遅延、(2)画質・重さへの解決が果たされていないこと、(3)画質・重さに対する今後の具体的な施策を提示できなかったことを改めて謝罪し、「新サービスの発表以前にサービスの根幹となる部分における見直しをしなければいけないという事を身をもって体感致しました。 我々運営が積極的に取り組まなければいけない基本的な部分がおざなりになっていた事、ユーザーの皆さんの不便や不満点に十分目を向けてられていなかった事について改めて深くお詫びさせて下さい」と反省をつづった。

 基本性能の向上のための具体的な施策として、「ニコニコ動画」の1080p対応と「ニコニコ生放送」の720p対応を発表。動画は2018年1月から本運用開始、生放送は同じく1月に枠数限定で開始する。「まだまだ取り組むべき基本性能の向上があるかと思いますが、上記を早い段階でできる実行プランとさせて頂き、それ以降でさらなる改善を行っていければと考えております」という。

 「ちょっと他とは違う、ちょっと不思議で独特なサービスや機能も模索し続けていきたいと思います」とするものの、基本性能向上のための検証・実行の注力のため、12月3日に予定していた「nicocas」体験会は中止とする。18年1月28日の新バージョンに関する発表、2月28日の新バージョンのリリースは予定通り行う。

ドワンゴが「niconico(く)」について謝罪