12月10(日)に放送される「イチから住~前略、移住しました~」(毎週日曜夜6:30-6:57テレビ朝日系)に藤田朋子が登場。この週より、藤田による群馬・桐生市編がスタートすることが明らかとなった。

【写真を見る】大自然をバックに笑顔を見せる藤田朋子

同番組は、地方の街に“リアル移住”した芸能人の田舎暮らし体験に密着し、“人がそこに住む理由”を伝えるドキュメントバラエティー。

今回は夫を東京に残し、単身移住に挑戦する藤田。藤田が暮らすのは、群馬県の東部に位置する桐生市。首都圏までのアクセスもよく、都会の機能と自然が隣接する“程よい田舎感”から移住先として人気が高く、昨年はおよそ400人が移住。雑誌の“住みやすさランキング”では、北関東1位を獲得している。

移住初日、藤田はまずは住居を探そうと市役所へ。市役所には“空き家対策室”という部署があり、“空き家バンク”に登録している物件の中に、すぐに居住可能な家が1軒あるとのこと。早速向かうと、なんと750坪もの敷地に建つ、2階建て10LDKの大きな邸宅だった。

もう1軒、空き家バンクに登録していない物件も内覧。こちらは、高台に建つ3LDKで、眺望のよいデッキがあり、リビングにはまきストーブが。果たして藤田はどちらの物件を選ぶのか。 

藤田が今回移住を決意したのは、「大人気の移住地だと聞いたので」という、“好奇心”から。また、藤田は誰とでもすぐに打ち解ける性格で「懐に飛び込んでしまうタイプなんです。桐生市の皆さんは飛び込んだらちゃんと受け止めてくれる」と、持ち前の“人懐っこさ”を生かして移住生活を楽しもうとしている。

■ 藤田朋子コメント

――移住を決意した思いは?

桐生市にはこれまで訪れたことがなかったのですが、大人気の移住地だと聞いたのでどんなところが魅力的なのか、自分で体験してみたいなと思ったんです。“モデルケース”の一つとして、移住を希望する方々にいろいろお伝えできたらと考えました。

――住んでみて印象はいかがでしたか?

商店街は古くからやっているお店が多いですし、地元の方々が親しみやすく話し掛けてくれて、とても温かい町だなと思いました。織物が盛んな街なのでクラフト的なこともやってみたいですし、とにかく自分が想像もしていなかったようなことに挑戦してみたいですね。

――移住に当たって、周囲の反応は何かありましたか?

周りの人々からは「移住したかったの?」「桐生市ってどんなところなの?」といろいろ聞かれました。旦那さんは「寂しいね…。たまには僕も桐生に行くよ!」と言ってくれました。

――自分で移住生活に向いていると思うところは?

誰とでもすぐに仲良くなれる性格なので、どんなところに行っても意外と暮らせるのではないかなと思っています。人見知りするよりも、懐に飛び込んでしまうタイプなんです。桐生市の皆さんは飛び込んだら、ちゃんと受け止めてくれるので、とても助かっています!

――この移住生活は、今後の自身の人生にどんなものをもたらすと思いますか?

まだ移住生活がスタートしたばかりで自分の気持ちがどう変化していくか分からないのですが、旦那さんと離れて暮らしたことがないので、どんなことでも発見になればいいなと思いますし、都会から離れた暮らしがどういうものか、旦那さんに伝えられたらいいなと思っています。

桐生市は、とても私に向いている街のような予感がします。もっとすてきなところを探って、もっとディープに皆さんと関わって、“第二の故郷”と呼べるくらいまで仲良くなりたいですね。人生、無駄なことはないと思うので、体験したことをきちんと身につけて、充実した老後が迎えられたらいいなと思っています。(ザテレビジョン)

人気の桐生市に移住する女優の藤田朋子