がんと診断された時、気になるのはやはりお金のことです。がん治療にはどれくらいのお金がかかるのか。どの程度の備えや保険があれば安心か。国や自治体などから、助成金はいくらもらえるのか。

 知っておきたい「がんとお金」の話のあれこれを、多方面で活躍されているFPの黒田尚子さんにお聞きしました。1回目は、がん治療にかかるお金の「支出・収入編」です(全3回の1回目。#2、#3に続きます)。

がんにかかる医療費は一般的に、100万~200万円くらい

──がん医療が進化し、高額な先進医療も話題になっていますが、平均してどれくらいのお金がかかるのでしょうか。「このくらいあれば安心」という目安はありますか?

黒田 がんにかかる医療費は一般的に、100万~200万円くらいといわれています。ただ、がんのステージや種類、治療の選択によってもケースバイケースですので、一概に「このくらい」とはお答えするのは難しいですね。でも「治療にお金がかかる」ことは認識していても、そのほかにかかるお金があることを認識していない方が意外に多いので、そこは押さえておくべきだと思います。
 
──治療以外にかかるお金というと?

黒田 入院・手術・診療代など保険適用になる医療費以外に、病院の医療サービスに支払うお金があります。例えば、粒子線治療などの先進医療は技術料分が、保険適用外で全額自己負担です。差額ベッド代、入院時の食費の一部、診断書作成なども別途お金がかかります。そのほか、入院用品や身の回りの生活用品、通院にかかる交通費や、QOL維持のためのウィッグ費用、サプリメント・健康食品の購入、入院中のお子さんのシッター代など、がんに罹患しなければかからなかったお金も、重なると結構な出費になります。
 

──「がん治療にお金をかける」人は増えているんですか。

黒田 というよりは、医療に対して自分なりの考えやこだわりを持つ患者さんが増えているように感じますね。今はインターネットでいくらでも情報が得られるので、その病院でしかやっていない治療法があると聞けば、自宅から遠い病院までわざわざ治療を受けにいく方もいます。その場合は、移動の交通費、宿泊代、食費などもさらにかかりますよね。
 
──先進医療を選択するのは、有名人やお金に余裕のある方だけだと思っていました。

黒田 そうでもないんですよ。経済的余裕がない方でも、「効果的な治療法がある」と聞けば、なんとか費用を捻出して、先端的な医療を受けたいと望むケースも珍しくありません。治療に関する考えはそれぞれなので否定はできませんが、がん医療の進歩によって、治療の選択肢が増えた分、費用が高額化する傾向にありますし、がんはほかの病気に比べて、治療期間が長期化するという特性もあります。目先のお金だけでなく、5〜10年先まで見越した中長期のマネープランが必要です。「かかる費用」と「かける費用」は分けて考えてください、とよくお伝えしています。

「住宅ローンどうすんのよ!」「俺だって働きたいんだよ!」

──「治るかもしれない」と聞いたら、藁にもすがりたくなる気持ちはわかりますが、治療が長引いた時の経済的リスクを考えると、すべて治療費につぎ込んでしまうのは不安です。

黒田 治療期間の長期化では、医療費負担はもちろん、住宅ローンや教育費などの固定費が家計に大きな負担となります。夫婦フルタイムの共働きを前提で住宅ローンを組んだ場合、どちらかががんに罹患して仕事を辞めてしまうと、たちまち返済に行き詰まる場合もあります。実際、がんに罹患したご主人と奥さんが病室で「住宅ローンどうすんのよ!」「俺だって働きたいんだよ!」と怒鳴り合っているのを聞いたこともあります……。

高収入だから安心というわけでもないんです

──ご主人が高収入で奥様が専業主婦のご家庭だとそういうケースも起こりそうですね。

黒田 そう、高収入だから安心というわけでもないんですよね。むしろ収入が低いご家庭は、普段から生活を引き締めているので、不測の場合にも柔軟に対応できるご家庭が少なくありません。逆に収入が高いご家庭は、支出が多くてもキャッシュフローが回っている間は気にならないので節約する習慣がなく、病気やリストラで収入が途絶えた時にたちまち困る……というケースも見られます。収入に対して固定費の支出が多い方は特に、日頃から生活費がどれくらいかかって、どれくらい柔軟に対応できるかを考え、家計全体を見直しておくことをおすすめします。

──預貯金はどれくらい必要ですか。

黒田 それもケースバイケースですが、概ね「生活費の半年分~1年分」とアドバイスしています。収入がゼロでもなんとか半年から1年くらい食べていけるだけの蓄えがあれば、治療を続けながら、家計を立て直す余裕も生まれると思います。治療期間が長引く場合は、収入と支出のバランスの変化も見極めないといけません。

治療費や教育費を子どもに教えるのも、教育の一つ

──お子さんの教育費が削れないという方もいます。

黒田 たしかに子どもの教育費は「聖域」と言われています。しかし、お金をかけたからといって、良い教育が与えられるわけではないですよね。高校や大学で金融教育やライフプランセミナーを行う機会もあるのですが、「親の年収を知っている人?」と質問しても把握しているお子さんはほとんどいません。私にも娘がいますので、がんになった親御さんがお子さんに「あなたはお金の心配をしなくていい」と思うお気持ちもわかりますが、お子さんが高校生くらいなら、もっとオープンに「治療にこれだけお金がかかって大変だけど一緒に頑張ろうね」と言ってもいいと思いますよ。

 親のがんのことを、どんな風に子どもへ伝えれば良いかわからない場合は、学校のスクールカウンセラーに相談するのも一手です。その中で治療費や教育費の話にも触れられれば、足りない分は自分でバイトしようとか、お金に対するありがたみをもっと感じると思います。これも一つの「教育」なのではないでしょうか。

がん患者の3人に1人が就労世代 

──治療が何年も継続すると、経済的リスクはさらに高まりますね。

黒田 ある調査では「がん治療を4年以上継続している患者が約3割」という結果が出ています。最近はがん患者の3人に1人が就労世代だといわれ、罹患後に退職や休職、残業減などで収入が減って困った、というご相談もよく聞きます。がんというと、治療などで支出が増えることを心配する方がいますが、実はその後の収入ダウンの方が、生活やライフプランへのダメージが大きいんです。だから私は、「安易に仕事を辞めないで!」とよくお伝えしています。正社員でバリバリ残業もして……というのは難しいにしても、社内外の制度を活用して、できるだけ長く安定して働ける環境を作れるよう頑張って欲しいと思います。

──抗がん剤やホルモン治療の副作用で、働くどころか人と会うのが億劫になる人も多いと聞きました。

黒田 確かに、頭痛や目眩、発汗、筋肉痛、発熱、関節痛などの副作用には悩まされます。特にホルモン治療は、更年期障害のような副作用が出るなど、個人差がありますね。でもじっと家にいるとネガティブなことばかり考えてしまいますし、外に出て人と話したり、好きなことをしているほうが意外と気が紛れて、「体調の悪さを忘れていた」なんてこともあると思うんです。

 もちろんムリは禁物ですが、多少しんどくても仕事に行くとなれば身なりにも気を使いますし、むりやりにでも気力が湧いてきます。私も乳がんに罹患した直後は、家族から「一日中パジャマを着てゴロゴロしていろ」くらいなことを言われましたが、そんな生活を続けたらそれこそ鬱になりますよ(笑)。振り返ってみると、がん罹患後もできる範囲で仕事を続けていて、本当に良かったと思っています。

写真=杉山秀樹/文藝春秋
(#2に続きます)

くろだ・なおこ/1969年生まれ。CFP1級ファイナンシャルプランニング技能士・CNJ認定の乳がん体験者コーディネーター。1998年にFPとして独立後、個人に対するコンサルティング業務のかたわら、各種セミナーや講演・講座の講師、新聞・書籍・雑誌・Webサイト上での執筆など幅広く活躍。消費生活専門相談員資格も持ち、消費者問題にも注力している。

黒田尚子FPオフィス公式HP  www.naoko-kuroda.com/

(相澤 洋美)

©杉山秀樹/文藝春秋