自宅で忍者足袋。これ、シンプルに「俺、かっこいい……」。


創業明治15年の老舗足袋屋であるクルワ株式会社が、2017年12月1日(金)に、室内用の「忍者足袋」をローンチした。全10工程を全て昔ながらの手作業でこなす。そして現代のモノでは独特の立体感が出せないことから、なんと50年以上も前のミシンを使用。足袋職人の全てがこめられた、日本が誇る足袋なのだ。もちろん靴下では味わえない、快適性も素晴らしい。そしてなんといっても、シンプルに「忍者」はかっこいい。俺たちの迸る日本魂を足元から魅せつけるのだ!

なぜ今「忍者足袋」なのか。その特徴とは



昨今の若者の着物離れの影響から呉服市場が低迷。そして足袋の需要も減少の一途をたどっている中、この老舗足袋屋は日本人の足を昔から支え続けてきた「足袋」の新たな可能性を模索していた。そんな中、あるイベントで国内外で忍者や侍の人気が高いことを知る。そこで、「外履きの地下足袋は既にあるが、室内用としてはまだ靴下タイプが主流。それならば本格的な足袋を作ってやろう」となったのだ。こうして老舗足袋屋がつくる、日本の心と技が詰まった忍者足袋が出来上がったのだ。
目立たず素早く「忍」務を遂行するために開発された足袋。外から見えないよう、裏地以外は全て「黒色」。また、肌に触れる部分は綿100%の優しい履き心地。イベントでの忍者や侍の衣裳として、また、汚れが目立ちにくいため業務用にも最適なのだ。

【「忍者足袋」概要】
商品情報:マジックテープ式(男性用)
サイズ:M(24.5cm~25.0cm)、L(25.5cm~26.0cm)、2L(26.5cm~27.0cm)
販売予定価格(税抜):M~L¥3,000/2L¥3,200
規格:表/ナイロン100%、裏/綿100%、底地表/綿100%、底地裏/ナイロン100%
日本製

※「マジックテープ」は株式会社クラレの面ファスナーの登録商標です。

クルワ株式会社

※掲載時点の情報のため、変更になる場合がございます。詳細はイベント先、店舗等へ直接お問い合わせください。

Mr.Babe編集部

関連画像