かつてアーセナルでプレーした元イングランド代表DFトニー・アダムス氏が、イギリスメディア『スカイスポーツ』でアーセン・ヴェンゲル監督に対して辛辣なコメントを残した。

「彼はアーセナルと契約を更新したけど、今のチームでプレミアリーグ優勝を達成できるとは思えない」

 2日に行われたプレミア第15節のマンチェスター・U戦、4分と11分に連携ミスからボールを奪われ、早々に2失点。スペイン代表GKダビド・デ・ヘアの好セーブに再三阻まれ、ホームで1-3の敗北を喫した。

「今までどれだけ長い間監督してきたんだ? もう68歳だろう? 以前、引退することは死に等しいと言っていたから、彼以外の監督を見ることはできないだろうね。それでも、これ以上彼と契約を更新することを望んではいない」

 しかしアダムス氏は、一方的に批判をすることはしたくないと明言し、「彼は確かにアーセナルでもっとも成功した監督だ」と、これまでリーグ戦やカップ戦合わせて16ものタイトルを獲得している手腕を評価した。

 リーグ戦5敗目を喫したアーセナルは次節、10日にサウサンプトンとアウェイで対戦する。

マンチェスター・Uに敗北し、落胆するヴェンゲル監督 [写真]=Getty Images