【佐藤優のインテリジェンス人生相談】
“外務省のラスプーチン”と呼ばれた諜報のプロが、その経験をもとに、読者の悩みに答える!

◆無趣味な独身男は定年後にどう生きればいいのか?
凡庸(ペンネーム) 嘱託社員 男性 62歳


 私には趣味がありません。本も読みませんし、映画も見ません。スポーツ観戦にも興味がありません。あまりにもつまらない人間です。人と話していても、そう思われているのをひしひし感じます。なにか趣味と呼べるものがほしいです。熱中できるものがほしいです。

 昔、加賀まりこに熱中したことがあったので、もはやアイドルのファンになってみようかとも考えています。私には嫁も子供もいません。友達も会社の同僚ぐらいのものです。仕事も定年を迎えた後、嘱託契約になったので、あまりやりがいがありません。仕事ばかりしていた私は何を趣味に生きていけばいいでしょうか?

◆佐藤優の回答

 私は’60年1月生まれで現在57歳なので、あなたとほぼ同世代に属します。仕事だけしてきた人が定年後もしくは早期退職後、生きがいを感じることができなくなる問題は、私の周囲でも深刻になっています。あなたの場合はシングルで家族とのコミュニケーションの場もありません。それと同じような状況に置かれる男性は今後増えてくると社会学者の山田昌弘氏は述べています。

=================

 2015年の61~70歳の未婚率は男性10%、女性5%程度でした。ただし、この世代=現在の高齢者はきょうだいが3~4人いるというのが標準です。そのおかげで、本人に配偶者や子どもはいなくても、きょうだいがまだ元気だったり、おい・めいと親しい仲にあったりという割合が相当高いのです。つまり、親戚という枠組みでいえば、家族的に「孤立」する割合はまだ少ないわけです。

 一方、2040年の61~70歳の未婚率は先に述べたように、男性で2015年の3倍、女性で4倍になります。さらに、この世代=いまのアラフォーのきょうだいは2人が標準です。つまり、きょうだいがいなかったり、きょうだいやおい・めいと疎遠になっていたりという割合が低くないわけです。

 要するに、いまのアラフォーが高齢者になる2040年には、だれも頼れる家族のいない高齢者が大幅に増えてくるのです。

(『底辺への競争――格差放置社会ニッポンの末路』160頁)

=================

 率直に言いますが、趣味がないというような悠長なことを言っていられる状況ではなく、今後の生活のことを考えると、自分で自分の身を守っていくことについてもっと真剣に考えなくてはなりません。

 まず、年金受給が始まる65歳以後も収入が得られる道を探す必要があります。年金だけでも、持ち家があれば生活することはできますが、大きな病気をした場合に貧困層に転落する可能性があります。現在の日本社会では、一度貧困層に転落すると這い上がってくることは難しいです。高齢者になってから転落すると、元の生活状態を回復することはほぼ不可能でしょう。

 それですから、万一の場合に備えて、生活保護の受給手続きについて調べておくことをお勧めします。生活保護が認められれば、医療費も全額控除になります。生活保護を受ける状態にならなければ、それにこしたことはないので、情報収集だけはしておくことです。

 さらに終の棲家をどうするかについても考える必要があります。老人ホームを見学して、廉価でサービスのよさそうなホームがあれば、入居手続きについて調べておきましょう。今後、徐々に身体に不具合が出てくるので、年金受給が始まったら、医療と介護の充実した市町村に移住する計画を立てるのも一案です。こういった作業を進めているうちに、相談や意見交換をする友人が必ずでき、退屈する暇はなくなると思います。

【今週の教訓】
高齢者で貧困層に転落したら這い上がれません

【佐藤優】
’60年生まれ。’85年に同志社大学大学院神学研究科を修了し、外務省入省。在英、在ロ大使館に勤務後、本省国際情報局分析第一課で主任分析官として活躍。’02年に背任容疑で逮捕。『国家の罠』『「ズルさ」のすすめ』『人生の極意』など著書多数