がんと診断されたら、誰だって不安になるはずです。そんなときは、気持ちが落ち着いてからでいいので、闘病記を読んでみてはいかがでしょうか。病気と向き合う勇気をもらえるかもしれません。

 医療現場を取材する仕事柄、闘病記をたくさん読んできましたが、今回は「芸能人」の闘病記を選んでみました。ふだんは遠い存在ですが、人となりをテレビで見て知っているだけに、かえって深く共感できるかもしれないからです。

誰しもがんの前では冷静さを失い、死を恐れる一人の人間にならざるを得ない

 まずは、「膀胱がん」を患った竹原慎二さんの『見落とされた癌』(双葉社)。後悔、不安、恐怖、怒りなど、がん患者の多くが経験するだろう感情の揺れ動きを、包み隠さず描いています。竹原さんと言えば、元プロボクシング・世界ミドル級チャンピオン。

 そんな腕力に物を言わせてきたように見える人物でも、がんという病の前では冷静さを失い、死を恐れる一人の人間にならざるを得ないことを思い知らされます。この本に出てくる民間療法や免疫療法を推奨はしません。しかし、なんでも徹底的に取り組む不屈の精神は、さすがチャンピオン。ホノルルマラソンを走るまでに回復した姿に、励まされる人も多いのではないでしょうか。

 がんで手術を受けると、生きることと引き換えに、臓器や機能を失う場合があります。竹原さんは膀胱を切除して、尿を溜めるために小腸の一部を代用する「新膀胱」になりました。歌手として一番大事な声を捨て、生きる道を選んだのが、ロックバンド・シャ乱Qのボーカルで、モーニング娘。などのプロデューサーとして知られるつんく♂さんです。
 
 著書『「だから、生きる。」』(新潮社)によると、声の変調に悩まされていたつんく♂さんの病気は、残酷なことに「喉頭がん」でした。放射線と抗がん剤を併用する治療が功を奏し、一時は「完全寛解」と診断されたものの、すぐに再発。声が出ないどころか、窒息しそうなほどの息苦しさに襲われ、最終的に声帯を摘出する選択をします。

 その彼の「生きる」という決断を支えたのが、猛然とがんの勉強をして夫を支えた奥様やお子さんの存在でした。手術を受ける直前に、自分で発することのできる最後の声で子どもたちに語りかけ、妻の名前を何度も呼んだというエピソードは、胸に迫るものがあります。

明るくユーモラスにがんと闘病した人も

 苦悩や葛藤が文面に滲み出る竹原さんやつんく♂さんの闘病記に対し、全体的に明るくユーモラスな調子でがんとの闘病を描いているのが、黒沢年雄さんの『二流の芸能人が、何度がんになっても笑って生きている理由』(講談社)です。東宝のニューフェイス出身で、俳優や歌手としてだけでなく、近年はバラエティ番組でも活躍する黒沢さんですが、48歳で大腸がんの手術を受け、16年後には膀胱がんにも見舞われました。

 1度目に告知された直後はさすがに死を考えて、一人部屋の中で号泣したそうです。しかし、もともと明るくて前向きな性格の黒沢さんは、「いや、こうなったらしょうがない。とことんがんを楽しんでやろう」と思うことに決めて、手術を乗り越えました。それもあって、2回目のときは「あ、そうですか。ちょっとヤベぇな」と思うくらいで、ほとんど動じなかったそうです。

 なぜ、黒沢さんは笑っていられるのか。それは、高校1年生のときに母親を喉頭がんで亡くした生い立ちや、歌やドラマがヒットしたと思ったら、仕事が激減して借金を抱えるなどした、山あり谷ありの人生にヒントがありそうです。本書は戦後映画の黄金期を支えたスターたちとのエピソードが盛りだくさんで、闘病記というより半生記といったほうがいいかもしれませんが、自分の人生と重ねながら読むと、より感慨深いのではないでしょうか。

 闘病記を残す人の中には、病を淡々と受け入れる人もいれば、壮絶に闘って力尽きる人もいます。いずれにせよ人間である限り、生老病死の宿命は免れません。「自分ならどう病と向き合うか」を考えるためにも、先達の生き様に学ぶことは意義があると思います。

(鳥集 徹)

©iStock.com