元インテルのガビゴルや元ミランのバッカらが「ビドーネ・ドーロ」候補に並ぶ

 

 年の瀬が迫るフットボール界では、「フランス・フットボール」誌が欧州年間最優秀選手を選ぶ「バロンドール」など、その年に輝いた選手の活躍を讃える賞が存在する。

 

 一方で、イタリアにはその対極に位置する“悪夢の賞”がある。その名も「ビドーネ・ドーロ(金のゴミ箱)」。イタリアの「RAIラジオ2」が主催し、このたびセリエAの年間ワースト候補10人が選出されたが、今季躍進を見せるインテルから最大4人がノミネートされた。

 

 不名誉な肩書き候補の“最大派閥”は、現在セリエA暫定首位に立つインテルだった。司令塔のポルトガル代表MFジョアン・マリオ、開幕前にセビージャに完全移籍したアルゼンチン代表MFエベル・バネガ、バレンシアに期限付き移籍のコロンビア代表DFジェイソン・ムリージョ、そしてベンフィカに期限付き移籍中の“ガビゴル”ことブラジル代表FWガブリエル・バルボサと、日本代表DF長友佑都と一緒にプレーした経験がある選手が選ばれている。

 

 そして、監督交代などで迷走続きのミランからは、今夏にビジャレアルに期限付き移籍したコロンビア代表FWカルロス・バッカ、元イタリア代表DFガブリエル・パレッタがノミネートされた。昨季リーグ戦1得点に終わり、契約満了に伴ってメキシコのパチューカへ移籍したFW本田圭佑の名前はなかった。

 

 

 

本田同様、メキシコに新天地を求めた男も…

 

 メキシコ移籍組では、ローマ、トリノと鳴かず飛ばずでティファナ移籍を余儀なくされたパラグアイ代表FWフアン・マヌエル・イトゥルベもノミネート。ナポリのセルビア代表DFニコラ・マクシモビッチ、パレルモGKジョシップ・ポサベッチ、故障続きでローマからバルセロナに復帰したベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレンも選ばれている。

 

 果たして、10人の中から今年のセリエA「ワースト」に輝くのはいったい誰になるのだろうか。

 

 ビドーネ・ドーロの最終候補10人は以下の通り。

 

ジョアン・マリオ(インテル/ポルトガル代表/MF)
エベル・バネガ(インテル/アルゼンチン代表/MF)
ジェイソン・ムリージョ(インテル→バレンシア/コロンビア代表/DF)
ガブリエル・バルボサ(インテル→ベンフィカ/ブラジル代表/FW)
カルロス・バッカ(ミラン→ビジャレアル/コロンビア代表/FW)
ガブリエル・パレッタ(ミラン/元イタリア代表/DF)
ニコラ・マクシモビッチ(ナポリ/セルビア代表/DF)
フアン・マヌエル・イトゥルベ(トリノ→ティファナ/パラグアイ代表/FW)
ジョシップ・ポサベッチ(パレルモ/クロアチア/GK)
トーマス・ヴェルメーレン(ローマ→バルセロナ/ベルギー代表/DF)

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

 

 

フットボールゾーンウェブ