ドイツ2年目のシュツットガルト浅野、前節ハノーファー戦で待望の一撃

 

 ドイツのサッカー専門誌「キッカー」は、11月24日に行われた第13節ハノーファー戦(1-1)のMVPに、シュツットガルトの日本代表FW浅野拓磨を選出した。ブンデスリーガ1部での初ゴールを含め、攻撃の起点として好プレーを披露していたことが評価された。

 

 1トップで先発出場した浅野は前半24分、キャプテンのMFクリスティアン・ゲントナーのミドルシュートを相手GKがファンブルしたところに詰めて押し込んだ。GKのミスに完全フリーでのシュート。決めて当たり前と言われればその通りだが、なぜその時にその場所にいたのか――。そこを紐解くことが、浅野の現在地を知ることにつながるはずだ。

 

 ハノーファーはシュツットガルトと同じ今季の昇格組ながら、FWからの組織だった守備とカウンターが機能し、第14節終了時点で10位につけている。第10節では格上のドルトムントに4-2と快勝。ブンデス屈指の強豪が調子を落としていたとはいえ、なす術なく4失点を喫した姿は記憶に新しい。守備は堅く、特にCBを務めるセネガル代表MFサリフ・サネ(196センチ)、U-21ドイツ代表DFヴァルデマール・アントン(189センチ)の二人は空中戦と1対1に滅法強い。まともなぶつかり合いでは、攻撃側はどうしても分が悪い。

 

 そんなハノーファーの守備陣を、どのように攻略するのか。

 

 シュツットガルトのハネス・ボルフ監督は、本来レギュラーで長身FWのシモン・テローデを1トップで起用する選択肢もあった。だが、それよりも浅野の俊敏さと抜け目なさに賭けた。一気にトップギアに上げることができる浅野のスピードは、日本人選手の中で抜きん出ているだけではなく、強者揃いのブンデスリーガでも異色のレベル。しかし、その武器も使いこなせなければ意味がない。加入したばかりの頃は、芝の深いグラウンド環境と相手のハードな守りに苦しめられた。

 

 

 

得点シーンに見えた駆け引きの妙

 

 だが、最近はがむしゃらさの中に落ち着きが見られることが多くなった。一瞬の駆け引きで相手から離れる、裏を取る、あえてマークに来させる。そんな駆け引きを、タイミング良く仕掛けるシーンが増えてきていたのだ。

 

 この得点シーンでも、そうした浅野の動きの良さが見られた。シュートを打とうとするゲントナーに気がいったサネが視線を浅野から外した瞬間に、スッとそこから離れながらオフサイドにならない位置へと移動。ゲントナーがその動きを見て、そこからスルーパスが出てくる、あるいはそのままゲントナーがシュートを打つならばこぼれ球に詰めるというイメージを頭の中で描き、スタンバイができていた。周りの選手全員が、シュートが放たれた瞬間に足を止めていたなか、浅野の頭は回転していた。

 

 シュート自体は簡単だったかもしれない。だが、そこに至るまでの連続したプロセスから、浅野がドイツの地で培ってきた成長の跡を感じた。

 

【了】

 

中野吉之伴●文 text by Kichinosuke Nakano

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

 

 

【動画】ハノーファー戦で抜け目なく決めた、シュツットガルト浅野のブンデス1部初ゴール(該当シーン:1分26秒付近~/動画期限:17年12月24日)

 


ハノーファー戦で抜け目なく決めた、シュツットガルト浅野のブンデス1部初ゴール(該当シーン:1分26秒付近~/動画期限:17年12月24日)

 

 

 

フットボールゾーンウェブ