ブンデスリーガ公式YouTubeチャンネルでレバンドフスキを特集

 

 来夏のロシア・ワールドカップ(W杯)に6大会連続で出場する日本代表は、現地時間1日に行われた組み合わせ抽選会でグループHに入り、コロンビア、セネガル、ポーランドの3カ国と対戦することになった。全8グループで唯一、W杯優勝経験国が不在となる組になったが、FIFAランクでは日本の55位に対してポーランドが7位、コロンビア13位、セネガル23位と難敵揃いであることに変わりはない。

 

 すでに各国メディアでグループHの分析が進められているが、個人レベルで注目のタレントとして、コロンビア代表のMFハメス・ロドリゲス(バイエルン)やFWラダメル・ファルカオ(モナコ)、セネガル代表のFWサディオ・マネ(リバプール)とともに必ずと言っていいほど名前が挙がるのが、ポーランド代表の絶対的エース、FWロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)だ。

 

 抽選会後に日本代表を率いるバヒド・ハリルホジッチ監督も、ポーランドを「レバンドフスキというストライカーがいる別のサッカーを持っているチーム」と評したように、その存在感は群を抜く。今回のW杯欧州予選では3度のハットトリックを含む16ゴールを決めて同予選の新記録を樹立。ポーランド代表史上でも、歴代最多となる51ゴールを奪っている。

 

 クラブシーンでも毎シーズンのように得点を量産しており、今季も14試合14ゴールで得点ランキング首位を快走。自身3度目となるブンデスリーガ得点王獲得に期待がかかるが、現在29歳の希代のゴールマシンがその名を世界に轟かせたのは、2010年夏に加入したドルトムント時代だった。

 

 MF香川真司と同じタイミングで母国ポーランドからドイツに渡ったレバンドフスキは、当時のユルゲン・クロップ監督の下で類稀な才能に磨きをかけ、在籍4シーズンでリーグ通算74ゴール。2013-14シーズンには初の得点王を獲得している。

 

 

 

ドルト時代の多彩なゴールシーンを収録

 

 そんな猛威を振るったドルトムント時代の全74ゴールを、ブンデスリーガ公式YouTubeチャンネルが特集。香川を通して当時のチームを見ていた日本人ファンにとっても懐かしいユニフォーム姿で、約6分の間に次々とゴールが刻まれていく。

 

 ブンデスリーガ初ゴールを決めたのは10-11シーズン第4節、香川が伝説の2ゴールを叩き込んだシャルケとの“レヴィア・ダービー”だった。2-0で迎えた後半41分に、CKからヘディングシュートを叩き込んだ。

 

 レバンドフスキのゴールは実に多彩だ。身長185センチの高い打点のヘディングシュートはもちろん、左右両足を使いこなし、エリア内でボールを足もとに受けてからの反転シュートもあれば、ドリブルで抜け出してGKとの1対1を制すもの、エリア内での巧みなポジショニングによってこぼれ球を押し込むものもある。映像でも19ゴール目では、左サイドを香川が抜け出した瞬間に相手最終ラインの背後を取り、折り返しを難なく決めている。

 

 GKを嘲笑うようなループシュートやアウトサイドで合わせる技巧技、狭いエリアで体を捻りながらボレーで叩き込むなど、豪快かつ繊細――。そして最後の74ゴール目で叩き込んだFKの精度も近年磨きがかかっている。進化し続けるポーランドのゴールマシンを、ハリルジャパンは抑えることができるのか。世界屈指の、厄介極まりない相手であることは間違いない。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

 

 

【動画】ブンデスリーガ公式YouTubeチャンネルで公開された、ドルトムント在籍時のレバンドフスキ「全74ゴール」

 

https://www.youtube.com/watch?v=Kl5aEpPSSeU&feature=youtu.be

ブンデスリーガ公式YouTubeチャンネルで公開された、ドルトムント在籍時のレバンドフスキ「全74ゴール」

 

 

 

フットボールゾーンウェブ