吉田&岡崎ら日本と韓国の“東アジア”2カ国の選手が、プレミアリーグで多数プレー

 

 日本、韓国などいわゆる“極東”の国々のトッププレーヤーが、欧州リーグでプレーすることは今や珍しくなくなった。英紙「インデペンデント」では、プレミアリーグで活躍するアジア人選手がこの2カ国に集中していることを紹介。MF香川真司(ドルトムント)も再評価されている。

 

 冒頭でマンチェスター・ユナイテッド時代の香川、韓国代表FWソン・フンミン(トットナム)、元日本代表MF中田英寿(ボルトン)の写真を掲載した同特集では、中国代表FWチャン・ユニンがウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)に加入したものの労働許可が下りず、ブンデスリーガのブレーメンにレンタル移籍した現状に言及している。

 

 アジア人選手がサッカーの母国でプレーする“ハードルの高さ”を伝えているが、一方で現在イングランドではソン・フンミン以外にFW岡崎慎司(レスター)、日本代表DF吉田麻也(サウサンプトン)、韓国代表MFキ・ソンヨン(スウォンジー)、韓国代表MFイ・チョンヨン(クリスタル・パレス)がプレーしていることにも触れている。

 

 

 

「最も成功したアジア人」はパク・チソン

 

 大きく取り上げられているのは香川、ソン・フンミン、そしてマンチェスター・ユナイテッドで名バイプレーヤーだった元韓国代表MFパク・チソンだ。「ベスト・アジアスター」として取り上げられたパク・チソンについて、同紙は「間違いなくプレミアリーグで最も成功したアジア人で、ユナイテッドでの7年間のキャリアで多大な貢献をした」と存在感を示したことを評価している。そしてパク・チソンと同じユナイテッドに所属した香川についても、次のように触れている。

 

「シンジ・カガワのようなスキルフルな選手は、日本人で初めてプレミアリーグのトロフィーを頭上に掲げ、マンチェスター・ユナイテッドで初のハットトリックを決めたアジア人選手となったことで、鮮烈な希望となった。彼は今ドイツのドルトムントに復帰しているが、ファンからはお気に入りの選手の一人となっていて、ブンデス通算38ゴールを決め、日本人選手としてトップスコアラーとなっている」

 

 いまだにその実力はアジアでも有数であるとした。ユナイテッド在籍は2シーズンのみに終わった香川だが、そのインパクトは今もサッカーの母国で残っているようだ。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

 

 

フットボールゾーンウェブ