ストラタシス・ジャパンは、設計と3Dプリンティング処理においてボクセル・レベルの制御を実現する、「ストラタシスJ750」3Dプリンティング・ソリューション向けの新しいソフトウェア・ソリューション「GrabCAD Voxel Print」を発表した。

同ソリューションは、3Dプリンティングの基礎単位である微細なボクセルを操作することで、これまで不可能だった3Dプリンティングによる効果と特性を実現するもの。

ストラタシスJ750 3Dプリンティング・ソリューションのユニークなフルカラー・マルチマテリアル3Dプリンティング機能と組み合わせることで、3Dプリントする素材の密度、構造、カラーマッピングをボクセル・レベルで操作することが可能となる。

このため、ユーザーが固有なニーズに応じて高度な構造体、グラデーションカラー・パターン、内部の特性とテクスチャの作成など、素材に関して従来の3Dプリンティングでは実現不可能であった、様々なアプリケーションの詳細な要件に適合する新しいデジタル素材を製作できる。

これにより、学術研究や製品設計、生医学、アート、デザインとアニメーションなど高度な内容が要求される、様々なカスタマー・アプリケーション向けのデジタルマテリアルと高度な構造体の世界が開かれるとしている。

なお、ストラタシスのグローバル・エデュケーション・マーケティング部門の責任者であるジーナ・スカラ氏は、次のように述べている。「GrabCAD Voxel Printを使用することで、世界中のユーザーに使用されているストラタシスのユニークなPolyJetのフルカラー&マルチマテリアル機能を活用することができ、PolyJetが対応できる機会を指数関数的に増やすことができます。このマシン制御ユーティリティを使用することで、ユーザーは何千種類もの素材をボクセル・レベルで操作でき、素材に関して他のどの方法でも実現不可能だった詳細な要件に応じて3Dモデルを製作できます。このユーティリティは、実際にストラタシスのJ750 3Dプリンタを、実験と発見とイノベーションのための高機能な世界的プラットフォームに変身させます。驚くべき新製品のアイデアは、しばしば研究室で生まれます。このような研究室での設計や製作に、GrabCAD Voxel Printは大きな影響を与えることができます。」
(早川厚志)

画像提供:マイナビニュース