Image: Dezeen/YouTube

双子芸人のアレではなく、アートです。

現実ではありえない世界が体験できるVRですが、今度は臨死体験ができるシミュレーターが作られました。

これは、自分から離れゆく顔型3Dカメラ&耳に仕込まれたマイクがVRゴーグルに映像と音を届け、背中から幽体離脱する魂を追体験するもの。

ちょっと地味かもしれませんが、死を見つめる貴重な体験ができそうです。

顔型カメラはVRゴーグルの動きに連動して辺りを見回すことができ、胸の前には鼓動のリズムでトントン叩くバチもあることから、擬似的にドキドキさせる仕組みになっています。さらにはレールの後ろにを置いているそうで、体験者は自分の顔がマスクの顔になっていることを認識し、死を自覚させるのです。

この「Outrospectre」を制作したのは、デザイナーのフランク・コークマン氏。これは死期が近い人たちのためのセラピーとして、死への恐怖を和らげようと作ったのだとか。なぜなら人々は死について語ることを避けているからこそ、先に体験して少しでも安心してもらおうと考えているのです。それに医師らも、これまで死について説明するツールを持ち合わせていなかった、という現状もありました。

自分の肉体は目の前にあるのに、視覚と聴覚は別人のように体験するって……けっこう不安な気持ちになりそうですよね。

コークマン氏は、これだけでセラピーに利用するにはまだ早すぎると考えており、これからは科学的に検証していくとのこと。

若くて元気な私たちも、一度体験してみたいものです。



Image: YouTube
Source: YouTube via dezeen

岡本玄介