得点数を出場試合数で割った1試合平均「得点率」でランキング化

 

 今季のJ1リーグは川崎フロンターレの初優勝で幕を閉じ、最終節にハットトリックを達成した川崎の日本代表FW小林悠が23得点で初の得点王に輝いている。今季も数多くのゴールが生まれたが、果たして1試合平均の“得点率”が最も高い選手は誰なのか。いわば“効率良くゴールを決めた選手”をランキング化。上位の選手を紹介する。

 

 まずは今季のJ1得点ランキングの10位までを確認しよう。

 

1位:小林 悠(川崎/23得点)
2位:杉本健勇(C大阪/22得点)
3位:興梠慎三(浦和/20得点)
4位:川又堅碁(磐田/14得点)
5位:金崎夢生(鹿島/12得点)
5位:ラファエル・シルバ(浦和/12得点)
5位:クリスティアーノ(柏/12得点)
8位:レアンドロ(鹿島/11得点)
9位:ジェイ(札幌/10得点)
9位:石原直樹(仙台/10得点)

 

 20得点超えを果たした3人は、今季のJ1で最も輝いたストライカーたちと言っていいだろう。日本人がトップ5を占めており、助っ人勢を押しのけて台頭しているのが分かる。

 

 では、今季の「得点数」を「出場試合数」で割った1試合平均の「得点率」でランキング化するとどうなるのか。出場試合数が少ない選手が得点を決めている場合は数値が高くなるため、「出場10試合以上の選手」を対象としたなか、意外な選手がトップに輝く結果となっている。

 

 

ベテランFWと成長著しいアタッカーの名が

 

 トップ5にぎりぎり食い込んだのは、札幌のブラジル人FWヘイスだ。12試合6得点で得点率「0.500」。2試合で1得点のペースだった。3月に左膝の手術を受けて出遅れたが、戦線復帰した第16節から2戦連続ゴールをマーク。第23節からクラブ史上4人目となるJ1・3試合連続ゴールと好調だったが、終盤戦は負傷の影響で欠場した。

 

 4位は33試合20得点で得点率「0.606」の浦和レッズFW興梠慎三。日本代表にも選出された31歳のストライカーは、第6節の本拠地ベガルタ仙台戦(7-0)でハットトリックを達成し、第12節の本拠地清水エスパルス戦(3-3)で二度目のハットトリック。コンスタントにゴールを重ね、終盤戦まで得点王争いに絡む活躍も見せた。

 

 3位は成長著しいセレッソ大阪の25歳FW杉本健勇だ。34試合22得点で得点率「0.647」を誇る。残り1試合の時点で得点ランクのトップに立ち、惜しくも最終節で抜かれて涙を呑んだ。しかし、万能ストライカーは187センチの高さを生かすだけでなく、両足やスピードを駆使するなど様々な形でゴールを陥れた。日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督もその能力を高く評価し、8月のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選でA代表に初選出されている。

 

 

 

 

得点した試合は“不敗”という男が1位に

 

 2位は今季得点王に輝いた川崎の小林だ。最終節のハットトリックでC大阪の杉本を追い抜き、逆転で個人タイトルを手にした。34試合23得点で得点率「0.676」。杉本と同じ出場試合数で1ゴール上回ったことが物を言った。今季キャプテンとして自身初の全試合に出場し、開幕2戦連続弾をはじめ、第17節から3試合で5得点、第23節から4戦連続弾、さらに第28節から再び4節連続弾と圧巻のパフォーマンスを見せた。

 

 栄えある1位は、最終節でワールドクラスの一撃を叩き込んだ元イングランド代表の北海道コンサドーレ札幌FWジェイ・ボスロイドだ。シーズン途中の7月に加入し、14試合10得点と結果を残した。得点率が「0.714」と唯一、0.700台に乗った。圧巻は第29節から2試合連続2得点、ラスト3戦連続得点と存在感を発揮。また、得点した7試合は不敗(6勝1分)とチームに大きく貢献した。今季ベスト助っ人と言っても、決して過言ではないだろう。

 

 なお、今季Jリーグに登録されたMFの選手で最高位は鹿島アントラーズのレアンドロ。第32節の浦和戦(1-0)で決勝点を挙げるなど勝負強さも兼ね備えたアタッカーは、23試合11得点と決定力を見せ、得点率「0.478」は全体で8位だった。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

 

フットボールゾーンウェブ