11月30日から新国立劇場でR.シュトラウス作曲のオペラ「ばらの騎士」が開幕した。美しい若者と伯爵夫人の愛と陶酔、滑稽とも言える粗暴さを発揮する傍若無人な男爵、若い恋人達の恋と過ぎゆく時の移ろいを描いた優美で豪華な人気作だ。

 18世紀ウィーン貴族社会を舞台に描かれたこのオペラを、演出家のミラーは初演1年後の1912年に設定し、第一次大戦を目前にした時代の移ろいを背景にすることで、貴族社会の黄昏時を描いた。舞台はロココ的な豪華絢爛さを廃したシンプルな演出と、メインの部屋の脇に必ずレイアウトされた「廊下」が特徴的だ。主舞台となっている部屋の外の人物を常に感じさせるこの配置は、部屋の外部のみならず、時代全体の気配を感じさせ、時代が社会に与える陰影と、登場人物達の揺れ動く心理描写を味わい尽くせる舞台となっている。

 現代最高のソプラノのひとりと名高いリカルダ・メルベートが威厳と憂いと、そして極上の気品を兼ね備えた元帥夫人役を演じている。またオクタヴィアン役は、2015年同役で新国立劇場デビューを果たしたステファニー・アタナソフが今回も登場。初々しく瑞々しい「坊や」から、凜々しく一人前の「若者」へと成長していくその成長や、迫るオックスとの女装姿でのコミカルな立ち回りを演じた。

 ゾフィーには「今最も聴きたい若手歌手のひとり」とされているゴルダ・シュルツが登場。絹のように煌めくピアニッシモから発せられるその滑らかな歌声が、恋に揺れるオクタヴィアンとの二重唱を甘美な夢の世界へと誘っていた。大きな体で暴虐武人と天真爛漫を体現し登場人物達を混乱の渦中に引きずり込む、オペラ・ブッファ的狂言回しのオックス男爵役はユルゲン・リンが、成り上がりの事業家ファーニナル役はクレメンス・ウンターライナーが好演。

 新国立劇場開場20周年記念2017/2018シーズン、豪華布陣による「ばらの騎士」は、12月9日まで残すところ2公演。文:yokano 写真撮影:寺司正彦 / 提供:新国立劇場

◎公演概要
オペラ「ばらの騎士」/リヒャルト・シュトラウス
全3幕〈ドイツ語上演/字幕付〉
2017年11月30日~12月9日 全4公演
新国立劇場 オペラパレス

新国立劇場、愛と陶酔、傍若無人と粋な策略が交差する「ばらの騎士」開幕