TVアニメ『ちびまる子ちゃん』が2017年12月24日(日)と31日(日)の2週にわたり「ちびまる子ちゃんのクリスマス&大みそか原作スペシャル」と題して、原作『ちびまる子ちゃん』で人気の高いエピソード「『屋根裏のクリスマスパーティー』の巻」(24日)と「『まる子の買った伊勢エビ』の巻」(31日)が放送されます。

12月24日(日)放送 「『屋根裏のクリスマスパーティー』の巻」 あらすじ

花輪くんに借りた本で外国のクリスマスパーティーの様子を知り、屋根裏部屋に憧れるまる子とたまちゃんに「屋根裏ならオレん家にあるぞ」と声をかけるはまじ。大喜びするまる子達に頼まれて、はまじの家の屋根裏でクリスマスパーティーが開催されることになる。しかし集まったまる子、たまちゃん、花輪くん、ブー太郎を待ち受けていたのは、押入れ上の天袋から入る、物置と化した屋根裏部屋。想像とかけ離れた場所に戸惑いつつも、掃除と飾り付けをしてパーティーを楽しむまる子たちだったが……。

12月31日(日)放送 「『まる子の買った伊勢エビ』の巻」あらすじ

大みそか、お母さんに頼まれておせちの材料のおつかいをすることになったまる子。かまぼことタイの切り身を買いに来たはずが、魚屋のおじさんに見せてもらった伊勢エビの豪華さに心奪われ一緒に買ってきてしまう。もちろんお母さんに怒られるまる子だったが、ヒロシとおじいちゃんは大喜び。それをきっかけに夫婦ゲンカが始まり、ヤケになったヒロシが“もう1匹伊勢エビを買う”と言い出し、家の中は大混乱。何とかおせちを完成させたさくら家だったが……、

高木淳 監督コメント

「今回放送するお話は、クリスマスイブ、大みそかにぴったりのお話です。両方とも、さくら先生の漫画原作で、とても面白い作品になっていると思います。年末の忙しい時期ですが、みなさんに観ていただき、楽しんでもらえたら嬉しいです。」

「ちびまる子ちゃん」とは

静岡県清水市(現:静岡県静岡市清水区)を舞台に、そこに暮らす一家・さくら家の次女である小学3年生のまる子(さくら ももこ)と家族、友だちとの日常を、楽しく面白く、時に切なく描いた心温まる作品。原作コミックスは現在16巻まで発売中、発行部数は累計3,200万部。

INFORMATION

「ちびまる子ちゃんのクリスマス&大みそか原作スペシャル」

放送日 ・放送時間 午後6時00分~6時30分 ※前半・後半パートを通して1エピソードが放送 12月24日(日)「『屋根裏のクリスマスパーティー』の巻」 12月31日(日)「『まる子の買った伊勢エビ』の巻」 キャスト まる子(声:TARAKO)/お父さん(声:屋良有作)/お母さん(声:一龍斎貞友) おじいちゃん(声:島田 敏)/おばあちゃん(声:佐々木優子)/お姉ちゃん(声:豊嶋真千子)他 スタッフ 原作:さくらももこ 脚本・制作協力:多田弘子(さくらプロダクション)/プロデューサー:狩野雄太(フジテレビ)、 田中伸明(日本アニメーション)/監督:高木 淳(日本アニメーション)/制作:フジテレビ、日本アニメーション ©さくらプロダクション/日本アニメーション 詳細はこちら

Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.