中部国際空港セントレアに2018年夏にオープンする商業複合施設の、展示エリア概要が発表されました。ボーイング787飛行試験1号機が常設展示されるのですが、もちろんただ置かれるだけではありません。

ANAとJALなどがスポンサーとして参加

中部国際空港セントレアに2018年夏、複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS」がオープンします。中部国際空港は2017年12月4日(月)、その1階と4階部分にあたる展示エリアの概要について発表会見を行いました。ANA(全日空)とJAL(日本航空)などが提供する、ボーイング787飛行試験1号機(ZA001)の展示をメインとした、デジタルとリアルが融合する体験型コンテンツを展開するそうです。

「FLIGHT OF DREAMS」の展示エリアは、前述のボーイング787初号機のほか、デジタルアートなどを手掛ける「チームラボ」がプロデュースした航空機をテーマとする体験型コンテンツで構成されるといいます。

ANAが提供するのは、787初号機機とエリア全体を使ったプロジェクションマッピングで、飛行機が飛んでいるような没入感を演出するという「超体感演出」と、来場者が描いた飛行機をタブレットを使ってエリア内のドーム空間で操縦できるという「お絵かき飛行機」のふたつ。

一方JALは、来場者が折った紙飛行機を光のゲート空間に飛ばし、「飛ぶ」仕組みの理解を深めるという「紙ヒコーキを飛ばす」と、パイロットやCA、整備士など航空会社の仕事をバーチャル体験できる「お仕事体験」の、ふたつのコンテンツを提供します(コンテンツ名はいずれも仮称)。

このほか「FLIGHT OF DREAMS」2~3階の商業エリアは、ボーイング創業の街シアトルをコンセプトに、シアトルの人気ブランドが日本初上陸するほか、飲食店や物販ブランドのショップ、米国外では初のボーイングストアが出店します。

また12月17日(日)午前11時30分から「FLIGHT OF DREAMS」への787初号機搬入イベントを予定しており、さらに2018年のセントレア開港記念日である2月17日(土)には、JALとの共同企画で787飛行試験1号機の見学会や現役パイロットによる航空教室などが開催されます。

来場者は大人やインバウンドも視野に

会見では中部国際空港の友添雅直代表取締役社長が、展示コンテンツについて「最終的には10個まで増やす」とし、残りの6つについて、デジタルとリアルの融合をさらに推し進めつつ、「来場者が受動的になるのではなく、能動的に参加でき、体に記憶させられるものを目指します」としました。メインの来場者を子どもとしつつも、大人やインバウンドも視野に入れているといいます。

また、MRJミュージアム(愛知県豊山町)やあいち航空ミュージアム(同)、かかみがはら航空宇宙科学博物館(岐阜県各務原市)など、周辺にライバル施設があることに関して、「いろいろなものがある方が賑わいは創出されます。具体的な策はまだありませんが、イベントを一緒に行うなどなんらかの連携プレーをしながら、中部圏全体の産業観光に貢献できる仕組みを作っていきたいです」と展望を語りました。

ANAの志岐隆史代表取締役副社長は、12月17日に行われる787飛行試験1号機の搬入イベントについて触れ、「昼間に公道を使って飛行機を搬入するのは、前例がないと思います。画期的で歴史的なイベントになるのでは」と話しました。同イベントでの搬入には、ANAグループのANA中部空港が機体の移動(トーイング)で協力するとのことです。

JALの大川順子代表取締役専務執行役員は「どんなに社会が進歩しても、空や飛行機への夢は変わりません。その夢とテクノロジーの融合した場所が『FLIGHT OF DREAMS』。JALが取り組む『空育』をまさに実現できる場所です」と話しました。

中央にボーイング787飛行試験1号機(ZA001)が据えられた、展示エリアのイメージ(画像:中部国際空港)。