杉本はランニング一周で別メニューへ 協会関係者「左脇、左足首に違和感がある」

 

 バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、E-1選手権に向けた合宿を開始。FW杉本健勇(C大阪)はトレーニングに参加したものの、途中から別メニュー調整となった。

 

 トレーニングはハリルホジッチ監督も軸足の裏を通す足技リフティングを披露するなど、リラックスしたムードの中で行われた。

 

 パス回しの“鳥かご”から始まり、ランニングへと移ったが、杉本は一周した時点で別メニューへ。協会関係者は「左脇、左足首に違和感があり別メニューとなりました。明日以降も同じような感じなら、離脱も含めて検討します」と示唆した。

 

 杉本は今季J1で2位の22得点を挙げたものの、脇腹付近に負傷を抱えているとの報道もあった。それに加えて足首の負傷もあり、大会前の離脱の可能性もあるようだ。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

フットボールゾーンウェブ