地元紙「デイリーニュース」が「チキン」「舞台負け」と“挑発”

 日本ハムかがポスティングシステム(入札制度)を利用してメジャー移籍を目指す大谷翔平投手。現在ロサンゼルスに滞在中の大谷は、4日(日本時間5日)にも“書類選考”を通ったメジャー球団との面談を始める予定だ。

 面談に進んだ球団として、レンジャーズ、マリナーズ、エンゼルス、カブス、ジャイアンツ、パドレス、ドジャースの7球団が明らかになっている。一方で、移籍先の大本命と見られていたヤンキースは“落選”。これを受けて、ニューヨークの地元紙「ニューヨーク・デイリーニュース」は4日付けの紙面を公式ツイッターで掲載。一面には大谷の写真とともに「なんてチキン(意気地なし)だ!」という辛辣な見出しが躍り、ツイートには「舞台負け:ショーヘイ・オオタニはヤンキースでプレーすることに怖じ気づいた」という文章が添えられた。

 どうやら大谷が「西海岸の小都市」を好むと報じられたことに対し、世界有数の大都市ニューヨークのプライドが傷つけられ、辛口で知られるNYメディアが“負け惜しみ”で大谷“削り”に転じたようだ。だが、これに黙っていなかったのがファンだった。

「ワォ、少し言い過ぎだろ!? 彼が西海岸でプレーしたいから? おいおいみんな」
「なんでオオタニがヤンキースに来なければならなかったような態度を取るわけ?」
「こんなナンセンスの相手をしにニューヨークに行くわけないだろ」
「これが彼がニューヨークでプレーしたくない理由だろうね」
「クソのような見出しだな…そう言う自分はヤンキースファンだ」
「ニューヨークメディアはホントに品がないな!」
「これはジャーナリズムと言えるのか?」

 ヤンキース落選から飛び火した“場外戦”を見ても、アメリカのファンがどれほど大谷争奪戦の行方に注目しているかが分かるだろう。この様子では、大谷が最終的に移籍先に決めたチームの本拠地では、ファンが大々的な祝賀パーティを開くという事態にも発展しそうだ。(Full-Count編集部)

去就が注目される日本ハム・大谷翔平【写真:田口有史】