京都市内の28店舗のスターバックスや京都タワーで、12月4日(月)から10日(日)まで、「明かり」をなくすライトダウンイベント「“Nothing”is “Charming”-明かりが『ない』ことを楽しむ!ライトダウン イベント-」が開催される。

【写真を見る】日常にあるあたり前を「なくす」ことで感じることとは。「ない」ことを体験してみよう

同イベントは、スターバックスと京都市が広げるエコアクションプロジェクト「YES, WE DO KYOTO! WEEK」(12月4日~10日開催)の一環として行われるもの。

スターバックス店舗では4日から10日までの19時から21時まで、京都タワーでは4日と10日の20時から22時までの時間に実施。店舗はライトダウン実施に伴い、PCなどの電子機器の使用をNGとし、「ない」ことを楽しむ、非日常的な空間を演出する。

当たり前にある「明かり」を、決められた時間だけ「なくす」ことで、参加者の心に“ある”ことの意味、“ない”ことの意味を問いかけるこのアクション。周囲の人と、「明かり」をなくしたときの気持ちや気づきを共有し、いつもと違う京都駅前の街並みやスターバックスの非日常的な空間を楽しんでみては?

ちなみに、エコアクションプロジェクトの名称「YES, WE DO KYOTO!」は、京都から世界に向けて「環境に良いことしていますか?」という意味で発信している合言葉「DO YOU KYOTO?」からきている。

地球温暖化防止のための世界初の約束である「京都議定書」をきっかけに生まれた言葉で、京都議定書誕生20周年の今年は、「YES, WE DO KYOTO! WEEK」で、さまざまなスペシャルプログラムを体験できる。(東京ウォーカー(全国版)・Raira)

「“Nothing”is “Charming”-明かりが『ない』ことを楽しむ!ライトダウン イベント-」は、京都市民発のエコアクションを市内のスターバックスでまとめて体験できる1週間