シリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(12月15日公開)まで残すところわずかとなる中、新たなSWプロジェクトである『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の邦題と日本公開日が来年6月29日に決定したことが発表された。

【写真】ハン・ソロ役のオールデン・エーレンライク

 本作は、「スター・ウォーズ」シリーズで圧倒的な人気を誇るキャラクターの1人、ハン・ソロが主人公。銀河一の高速船ミレニアム・ファルコンを操る運び屋ハン・ソロは、相棒のウーキー族チューバッカと共に『スター・ウォーズ4/新たなる希望』(1977年)に初登場した。

 大人のユーモアセンスと圧倒的な自信、ミステリアスな存在感とアウトローでありながら内に秘めた正義感で仲間を救う姿は、SWファンの男性はもちろん女性からも絶大な支持を獲得し、唯一無二の伝説的な存在となった。演じるハリソン・フォードが一気にスターダムを駆け上がるきっかけともなったキャラクターである。

 そんなハン・ソロにも当然のことながら“青春時代”があり、若き日の知られざる物語を描くのが本作だ。ハン・ソロの過去に一体何があったのか? 『新たなる希望』でルーク・スカイウォーカーやレイアと出会う前、2人が繰り広げた冒険とは? ハン・ソロの秘密やチューバッカとの出会いが初めて明らかになる。

 若き日のハン・ソロを演じるのは、コーエン兄弟の『ヘイル・シーザー!』で注目を浴びたオールデン・エーレンライク。監督は「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズを手掛け、『ビューティフル・マインド』でアカデミー賞を受賞したロン・ハワードが務める。『スター・ウォーズエピソード1/ファントム・メナス』でもジョージ・ルーカスから監督をオファーされていたハリウッドの重鎮が描くスター・ウォーズの世界にも注目が集まる。

■キャスト
オールデン・エーレンライク(ハン・ソロ)
ウッディ・ハレルソン
エミリア・クラーク
ドナルド・グローヴァー(ランド・カルリジアン)
ヨーナス・スオタモ(チューバッカ)
映画『ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018年6月29日、日本公開)(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights reserved