Image: guteksk7/Shutterstock.com

ちょうど、新モデルが欲しいと思っていました。

Apple(アップル)製品に限らずガジェットは搭載プロセッサなどの刷新で性能が向上するのですが、2018年モデルの新型Apple Watchや新型MacBookはすこし変わったアプローチが取られるかもしれません。海外からの報告によると、両モデルは新型基板を採用することでより高性能化を実現するというのです。

KGI証券でアナリストを務めるミンチー・クオ氏よると、Appleは新型MacBookに液晶ポリマー製の新型フレキシブル基板を採用しようとしているそうです。この新型フレキシブル基板は「iPhone 8」や「iPhone X」にも採用されており、高速かつ低遅延なデータ送信が可能になります。新型MacBookにこの新型フレキシブル基板を採用すれば、内部スペースの大幅な節約やUSB 3.2などの採用が容易になるとしています。

さらに、この新型フレキシブル基板は新型Apple WatchでのLTEアンテナ部品への利用も期待されています。ただしクオ氏によれば、新型フレキシブル基板の生産はかなり技術的なチャレンジとなるため、製品に採用されるのは2019年になる可能性もあるとのこと。

最近は製造技術の発達により、MacBookなどのガジェットの内部容量のほとんどをバッテリーが占めるようになりました。この新型フレキシブル基板の採用でさらに内部スペースが節約できれば、新型MacBookや新型Apple Watchでは駆動時間もより伸びるかもしれませんね!

Image: guteksk7/Shutterstock.com
Source: 9to5Mac

(塚本直樹)