赤ちゃんは手にする物を舐めて、それがどんなものか認識しようとするといいます。

離乳食や幼児食が進んだ幼児も、思わぬものを口に含んでしまうことがありますよね。

こんにちは、波乱万丈系ライターのサクです。

筆者の子が乳児の頃、タオルから噛みちぎったタグを咀嚼していて、びっくりして吐き出させたことがあります。

ママやパパが気をつけていても、子どもは隙をついて、口にものを入れようとするいきもの 。

すぐに対処出来れば良いのですが、誤飲は命に関わります。

どんなことに気をつければ良いのかまとめてみました。

●子どもの誤飲で気をつけたいもの1・タバコや洗剤

子どもの誤飲事故防止の指導は、お産入院中から指導されることがあると思います。

遅くとも、6ヶ月検診あたりには、安全なお部屋作りをと指導されるのではないでしょうか。

ハイハイやつかまり立ちをはじめた赤ちゃんは、天井ばかり見上げていた頃とは違います。

テーブルの上の物など、とにかく触ってみたくて、活発に動きます。

ここなら届かないだろうと思っていても、あの手この手でよじ登ることも しばしば。

特にタバコは、テーブルの上に出したままにしやすく、子どもの手にも目にも触れやすい アイテム。

そのため、ひょいと口に含んでしまう事故が多発しています。

また、洗剤類も液体、固形問わず、誤飲事故が目立ちます。

子どもの目線では、洗剤はジュースにみえたり、ボール型のお菓子のように映ります。

誤飲防止のためには、「ここならば届かないだろう」という発想を捨て、確実な収納場所を確保 しましょう。

タバコや洗剤は誤飲の代表例ですが、もうひとつ、ボタン電池も要注意です。

●子どもの誤飲で気をつけたいもの2・ピアスや指輪などの装飾品

ママのドレッサーは宝箱 のようなもの。

指輪やネックレス、ピアスなどの装飾品を、きちんとケースに収納しているから安心!とはいきません。

使い勝手が良いからと、子どもの目につくドレッサーなどの上に置いておくだけでは危険 です。

ドレッサーの椅子を踏み台にして、よじ登れるかもしれません。

特にピアスは先が鋭利なので、誤飲した際に口腔内や食道などを傷つけてしまう可能性があります。

ヘアゴム等を含め、装飾品類を外してそのままにしないようにしましょう。

●子どもの誤飲で気をつけたいもの3・小銭

誤飲の定番品のひとつである、小銭。

ちょっとした買い物の後、お釣りをテーブルや棚に置きっぱなしにしていませんか?

蓋を簡単に開けられる貯金箱も危険 なんです。

小銭はキチンと管理しましょうね。

●子どもの誤飲で気をつけたいもの4・食べ物

誤飲は食べ物以外に限ったことではありません!

ご飯を食べさせている最中に、「おえっ」と吐き出されたことはありませんか?

吐き出せれば良いのですが、結構苦しそうにもがいたりと、ひやっとしたことがあるのではないでしょうか。

食いしん坊な子は、自身が飲み込める量以上のパンを口に詰め込んだりと、油断できません。

咀嚼や飲み込みがしっかりと出来てきたと思っても、口に入れるサイズが適切か見守りましょう。

誤飲による窒息が起こるのは、お餅やゼリーだけではなく、なんだって 起こり得ます。

●子どもの誤飲で気をつけたいもの5・クレヨンなどの文具類

口に入れても安全なクレヨンなど、お絵描き道具は小さなことから親しみがあります。

つい、壁や床への落書きに気が向いてしまいますが、クレヨンや色鉛筆の芯、消しゴムなどにも要注意。

クレヨンは比較的柔らかいので、飲み込みやすい文具です。

折れた鉛筆の芯や、消しゴム、糊も口に含みやすい形状をしています。

子供用のアイテムが豊富な文具類ですが、使用するときはしっかりと監督しましょう。

おとなが親指と人差し指をくっつけて輪にしたサイズでも、子どもは簡単に飲み込んでしまうそうです。

お子さんが小さなうちは、飲み込めないだろうと油断せず、なんでも飲み込むもの だと肝に銘じておきましょう。

参照:こどもの救急(ONLINE-QQ) http://kodomo-qq.jp/?

●ライター/サク
●モデル/NANAMI
置き去りにして誤飲?子どもの命を守るために気をつけたいもの5選