iPhone8やiPhone Xに使用されている液晶ポリマー(LCP)フレキシブルプリント基盤(FPCB)は高速ながらバッテリー消費量の少ないデータ転送を可能にします。2018年、AppleはiPad、Mac、Apple WatchなどにもLCP FPCBを採用するとKGI証券のミンチー・クオ氏は予測しています。

高速なデータ転送が可能になるLCP FPCB

iPhone8やiPhone Xのアンテナ、iPhone XのTrueDepthカメラに使用されている液晶ポリマーのフレキシブルプリント基板(LCP FPCB)が、2018年にはその他のApple製品にも採用される見通しであることが伝えられています。
 
Apple製品に関する情報通として知られるKGI証券のミンチー・クオ氏によると、Appleはすでに中国のCareer TechnologyとLCP FPCBのデザインを開始しているとのことです。
 
LCP FPCBを使用することでデバイス内に占めるスペースを抑えることができるだけでなく、より高速なデータ転送が可能になるといいます。
 
フレキシブルプリント基盤によく使用されるポリイミドフィルムなどに比べ、液晶ポリマーは減衰周波数熱性能耐湿性において優れており、今後さらに複雑化すると同時にコンパクトになっていくモバイル製品に最適だといわれています。
 
CareerはApple WatchのLTEアンテナのデザインも同時に行なっているとみられており、それにもまた液晶ポリマーが使用されているとのことです。
 
 
Source:AppleInsider
(lexi)

Apple、2018年の製品に液晶ポリマーのフレキシブルプリント基板を採用か