「結果を求めてプレーしたいなと思います」。日本代表に追加招集されたFW川又堅碁(ジュビロ磐田)はそう宣言した。

 EAFF E-1サッカー選手権2017 決勝大会に挑む日本代表は、レギュレーションの関係で国内組しか招集できない。しかし、招集された国内組にとって、2018 FIFAワールドカップロシア大会に選ばれるためには、このアピールの場がラストチャンスとなる。川又は前回の東アジアカップ(E-1)でも招集されたが結果を出すことができず、今でもその時の強い思いを抱えていた。

「あの時は1勝もできていないので、今回は違う結果を求めたい。出れるかどうかわからないけど、チャンスがあれば仕留めたいですね」

 今季は磐田でMF中村俊輔とともにプレーした。「誰よりもサッカーが好き」な人の側でプレーすることが学びに繋がったという。恵まれた環境に感謝しながら、いいアドバイスをもらっていた。今季の成長が自信につながり、代表チームでプレーする意欲を掻き立てる。

「毎回入りたい気持ちでいましたね。じゃないと多分呼ばれないと思う。自分はFWなので、評価されるポイントはわかっている。ゴールだけが生き残るアピールにつながると思いますね。ここには(金崎)夢生くんと(杉本)健勇くんっていうすごい選手がいるし、もちろん競争は覚悟しています。でも1分でも出場できたら、仕留めるように準備したい」

 川又の目は、9日の朝鮮民主主義人民共和国代表戦を捉えている。

久々の日本代表で結果を追い求める川又