今の職場に不満をいだいていても他の職場が良い職場に見えても、やはり転職を決断するのはなかなか勇気が要るもの。そんな転職の決定打を語り合うハッシュタグ「#転職を心に決めたきっかけ」がTwitterで流行しています。

【画像:辛い思いをして転職を決意した人】

 「待遇が悪かった」や「休みが少なかった」といった意見が多いですが、人間関係や上司のハラスメントが原因で転職を決意したという人も多く「妻の出産のため2日間有給を取得したら無断欠勤と叱責され減俸された」「上司のセクハラで相談したのに対応してもらえなかった」という声も。また、「そんなんじゃどこにいっても続かないよ」はかなり高確率で言われるセリフのようですが、逆にそれを言われることで会社に失望し転職を決意する人が多いようです。

 いくら現状に不満を持っていても、転職が必ずしも良い方向に転ばないのも事実。だからこそ転職を決めた人には決断にいたる大きな決め手があるのかもしれません。

 Twitterではハッシュタグ「#転職を心に決めたきっかけ」がトレンド入り。「転職先が素晴らしい環境だったから」のような明るい話題もあって良さそうなものですが、ツイートはネガティブな話題ばかり。日本人疲れてんな……。

転職の決め手は人それぞれ