TSUKUMOブランドでPCおよびPC周辺機器を販売する、ヤマダ電機グループのProject Whiteは12月1日、BTO PC「eX.computer」より、写真家・礒村浩一氏が監修する写真編集(RAW現像)向けPC「PA9J-D91/T」を発売した。標準構成時の価格は279,800円(税別)。

プロ写真家・礒村浩一氏が監修する、写真編集(RAW現像)向けPCのスペシャルセレクションモデル。RAW現像を快適に行うためハイスペックで構成されており、3,000万~5,000万画素クラスの超高解像度デジタルカメラを使用している人に適するという。

CPUにはIntel Core i7-7820Xを搭載し、マザーボードはASUS製「PRIME X299-A」。ストレージは、NVMe接続の500GBのSSDと3TBのHDDのデュアルドライブ構成で、速度と容量を両立する。グラフィックスにはNVIDIA Quadro P1000を搭載。OSにはWindows 10 Proを使用し、クリーンインストールしたいという人に向けてWindows 10のOSディスクを標準で添付している。

ケースには静音とエアフローに優れるオリジナルのATXミドルタワーケース「EX1/598TA」を使用。前面カードリーダーを備え、IEEE802.11ac無線LANにも対応。無線LANを使っての一眼カメラのデータ取り込みも可能となっている。BTOによる構成変更も可能。

標準構成時の主な仕様は、CPUがIntel Core i7-7820X(3.6GHz)、チップセットがIntel X299、メモリがPC4-19200 DDR4 32GB、ストレージが500GB M.2 NVMe SSD+3TB HDD、グラフィックスがNVIDIA Quadro P1000(4GB)など。OSはWindows 10 Pro 64bit。

ネットワークはGigabit Ethernet対応有線LAN×1、IEEE802.11ac/a/n/b/g/n対応無線LAN。インタフェースは、USB 3.1 Type-C×1、USB 3.1 Type-A×1、USB 3.0×5、USB 2.0×4、miniDisplayPort×4、メモリカードリーダーなど。本体サイズはW210×D510×H450mm。
(リアクション)

画像提供:マイナビニュース