トリバタケハルノブがイラストを手がけるりょくち真太の小説「戦国ベースボール」のコミカライズ単行本1巻が、本日12月4日に発売された。コミカライズを担当しているのは若松浩。

【大きな画像をもっと見る】

「戦国ベースボール」は、試合の帰り道に事故に遭ってしまった野球少年の山田虎太郎を軸に描くスポーツもの。何故か地獄で目を覚ました虎太郎は、戦国武将の豊臣秀吉にスカウトされ「試合に勝利すれば生き返れる」という約束のもと、織田信長が率いる野球チーム・桶狭間ファルコンズに助っ人として参加することになる。同作は最強ジャンプ(集英社)にて発表されている。

「戦国ベースボール」1巻