『シン・ゴジラ』の樋口真嗣総監督が、最新作としてオリジナルTVアニメ『ひそねとまそたん』を指揮することが明らかになった。脚本には『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の岡田麿里を迎え、航空自衛隊が管理するドラゴンと新人搭乗員たちの斬新なお仕事ストーリーが描かれる。

【大きい画像を見る】TVアニメ『ひそねとまそたん』発表会スチール(C)BONES・樋口真嗣・岡田麿里/「ひそねとまそたん」飛実団


『ひそねとまそたん』は、12月3日の「東京コミコン2017」内で実施された「樋口真嗣総監督 最新作発表会」にて発表。樋口総監督より「原作はありません!今回オリジナルで企画させていただきました。TVアニメで放送される、「ひそねとまそたん」というタイトルになります!」と告知された。

同作は航空自衛隊の岐阜基地に勤務を始めた新人自衛官・甘粕ひそねが、基地に秘匿された戦闘機に擬態するドラゴンの飛行要員を担うことになる……というストーリー。国家的な命運を左右するとも言われる「OTF(変態飛翔生体)」のドラゴンには、はたしてどんな秘密が隠されているのだろうか。
樋口総監督は「日本に昔からいるドラゴンが戦闘機のコスプレをしていたら…というアイデアが浮かんできたのが始まり」と明かし、脚本に起用した岡田とのやり取りで物語として出来上がってきたことを語った。

そのほか監督は『キズナイーバー』の小林寛が務め、キャラクター原案は『きみの声をとどけたい』の青木俊直が担当。メインメカニックデザイン・河森正治、モンスターコンセプトデザイン・コヤマシゲト、コンセプトデザイン・okamaらも参加し、アニメーション制作はボンズが手掛ける。

樋口総監督いわく「今までのアニ メーションとは質的に少し違ったものになるかもしれない」という『ひそねとまそたん』。『シン・ゴジラ』を経て、果たしてどのような物語が描かれていくのか、異色の完全オリジナルTVアニメに期待が膨らんでいく。

TVアニメ『ひそねとまそたん』
2018年 放送決定

原作:BONES・樋口真嗣・岡田麿里
総監督:樋口真嗣
監督:小林寛
シリーズ構成:岡田麿里
キャラクター原案:青木俊直
キャラクターデザイン:伊藤嘉之
メインメカニックデザイン:河森正治
モンスターコンセプトデザイン:コヤマシゲト
コンセプトデザイン:okama
軍事考証:小柳啓伍
美術デザイン:平澤晃弘
美術監督:金子雄司
色彩設計:小針裕子
撮影監督:佐々木康太
3DCG 監督:安東容太
編集:奥田浩史
音楽:岩崎太整
音響監督:山田陽
音響効果:野口透
アニメーション制作:ボンズ

(C)BONES・樋口真嗣・岡田麿里/「ひそねとまそたん」飛実団【ほかの画像を見る】TVアニメ『ひそねとまそたん』ティザービジュアル(C)BONES・樋口真嗣・岡田麿里/「ひそねとまそたん」飛実団
TVアニメ『ひそねとまそたん』ティザービジュアル(C)BONES・樋口真嗣・岡田麿里/「ひそねとまそたん」飛実団