日本代表に招集された20歳のDF初瀬亮(ガンバ大阪)は、「最初で最後のチャンス」という強い気持ちを持って練習に取り組んだ。

「ヴァイッド・ハリルホジッチ監督から、『この大会が本当に大事』と言われました。来年のワールドカップに出れるチャンスなのは自分でも自覚しています」

 ビルドアップや両足の精度が持ち味。「そこは代表でも一番」だと思い、積極的に自分の特徴を出していきたいという。監督もFKの話題で初瀬の名前を一番にあげるほど、期待をのぞかせた。「ヤットさん(遠藤保仁)が日本代表でFKを蹴っていたのは印象的ですし、自分が日の丸を背負って蹴る機会がやってきたら、責任と自信を持って蹴り込みたい。G大阪でもヤットさんにアドバイスはもらっていますし、吸収したことをこの場で出したいです」

 ただ、求められるものはほかにもある。「自分の特徴を出しつつ、弱点も克服しないといけないです。デュエルの部分は監督からも口すっぱく言われている通り、意識的に取り組みたいですね」

 DF西大伍(鹿島アントラーズ)が負傷離脱し、追加招集されたDF室屋成(FC東京)との競争になる。それでも生き残るためにライバルを海外組に設定した。「今は国内組だけでチームを組んでいますが、海外でやっている選手に勝たないと、サバイバルには食い込んでいけない。出場機会をもらえれば思いっきりやりたい」

 長谷川健太監督のもとG大阪で出場機会を得た初瀬は、これまで一歩ずつ地道に努力を重ね続けた。目立たず密かに。その頃を考えると、今の自分の姿は「全く想像していなかった」という。

「この世代の中で一番にチャンスをもらいましたし、これを生かしたいです。この大会を自分のものにできるかできないかは、もう自分自身の問題。必ずやり遂げたいです」

 日本代表は9日に朝鮮民主主義人民共和国代表戦を控えている。
 

大いなる野望を持ち合わせる初瀬