国内組で挑むE-1選手権 指揮官の期待に応え、ゴールを決められるか

 

 バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、9日に開幕するE-1選手権に向けて4日からトレーニングを開始した。国内組で臨む今大会は、A代表の実績が少ない選手が多く招集されている。それを感じさせるのはFWの得点数で、今季J1得点王に輝いたFW小林悠(川崎フロンターレ)も「0得点」からの脱却を目指す。

 

 海外組に加えてAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を優勝し、クラブワールドカップに出場する浦和勢も欠く今回の代表は、フレッシュなメンバーが並んでいる。A代表の出場試合数で見ると、二桁に乗っているのはMF今野泰幸(ガンバ大阪/90試合4得点)、MF清武弘嗣(セレッソ大阪/43試合5得点)、FW金崎夢生(鹿島アントラーズ/10試合2得点)の3人だけ。得点数で見ても、この3人以外にゴールを挙げたのは倉田秋(ガンバ大阪/6試合2得点)、MF井手口陽介(ガンバ大阪/8試合1得点)、FW杉本健勇(セレッソ大阪/5試合1得点)、FW川又堅碁(ジュビロ磐田/5試合1得点)に限られる。

 

 その中で小林は、W杯アジア最終予選の敵地オーストラリア戦に先発出場するなど、ハリルホジッチ監督から期待をかけられている一人だ。もっとも、出場8試合でゴールはまだない。「やっぱり得点を決めたいですね。まだ(代表で得点を)決めたことがないので」と話すのは、偽らざる気持ちだろう。

 

 

「しっかり要求に応えてほしいと言われた」

 

 今季は川崎のキャプテンとしてチームを引っ張り、23ゴールを挙げて自身初のJ1得点王を獲得。チームと個人の両方でタイトルを獲り、今季のJリーグMVP有力候補にも挙がっている。しかし、「いやあ、もう切り替えないと」と話し、得点王を争った杉本とは「おめでとうくらいです」と代表戦へとフォーカスしている。そのなかで、指揮官からはこのように伝えられたことを明かしている。

 

「素晴らしいシーズンを送ったチームを代表して、プレーしてほしいということです。また代表で求められていることが違うので、しっかり要求に応えてほしいと言われました」

 

 能動的に攻め切る川崎とは違い、ハイプレスからの速攻での一刺しを狙うのがハリルジャパンの攻撃スタイルだ。戦術の変化に柔軟に対応して、勝利に導く初ゴールを――。今季J1得点王の嗅覚が試される。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

 

フットボールゾーンウェブ