ディズニー/ピクサーの最新作『リメンバー・ミー』の日本版で、歌手や女優など多彩な活躍をみせるシシド・カフカと東京スカパラダイスオーケストラのコラボレーションユニット「シシド・カフカ feat. 東京スカパラダイスオーケストラ」が、エンドソング『リメンバー・ミー』を担当することが分かった。初のタッグにカフカは「一緒に楽曲アレンジメントできると聞いて、これは絶対に面白くなる!と思いました」と思いを寄せる。

【関連】ディズニーアニメーションのヒロインたち<フォト特集>

 メキシコの“死者の日”にインスパイアされて製作された本作は、ミュージシャンを夢見る少年が、陽気でカラフルな“死者の国”を舞台に大冒険を繰り広げるファンタジー作品。代々“音楽”を禁じられていた家系で育った主人公・ミゲル。ある日、ふとしたきっかけで迷い込んだ“死者の国”で、陽気だけど家族が恋しいガイコツのヘクターと出会ったミゲルは、冒険の末に家族の秘密へとたどり着くが、その重要な鍵となるのはみずからの大好きな曲『リメンバー・ミー』だった…。

 今回、『アナと雪の女王』の『レット・イット・ゴー』を生み出したロバート・ロペス&クリステン・アンダーソン=ロペス夫妻が作曲した『リメンバー・ミー』に、メキシコ生まれのカフカと、中南米でのツアーを精力的に行うスカパラがタッグを組み、日本版エンドソングとして挑戦。スカパラによる楽しく陽気なリズムとメロディに、透き通るようなカフカの歌声が一体となった仕上がりになっている。

 ディズニー/ピクサーの楽曲を担当することについて「信じられなかった。人生何が起きるか分からないですね!」と興奮気味に伝えるカフカは、「作品との出会いも含めて運命的なチームだなと思いました」と今回のコラボレーションへの思いを告白。「映画をみてから、あのメロディが頭から離れないんです。心に残るメロディラインというのを自分が歌えるそのわくわく感がすごく大きかったです」と感想を語る。

 また、スカパラのドラム・茂木欣一は「ディズニー/ピクサー作品は『トイ・ストーリー』から大好きで、それからずっと見ていたのでものすごく興奮しました! 本当に光栄です!」と喜びを明かし、ギターの加藤隆志は「この曲で出会えたのはすごく運命的!」とカフカとのタッグへ特別な思いを寄せた。

 映画『リメンバー・ミー』(同時上映『アナと雪の女王/家族の思い出』)は、2018年3月16日から全国公開。
ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』でシシド・カフカ&スカパラが初タッグ!(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.