(©ニュースサイトしらべぇ)

お手頃な価格と安定のおいしさで、幅広い年齢層に支持されている青いシマシマが目印の『マイクポップコーン』。今年で発売60周年であることを記念し、同じく今年で発売20周年を迎える『築地銀だこ』とのコラボ商品を数量限定で発売することに!

『マイクポップコーン 銀だこ監修ソース味』(税別・105円)は名前の通り銀だこ監修のソースを使用しているらしいが、一体どんな味なのだろうか? そもそもポップコーンとソース、合うのだろうか?

■銀だこ風の「赤」パッケージ

パッケージは見慣れたいつもの青ではなく、銀だこを意識した赤。右下には、銀だこのロゴと共に美味しそうなたこ焼きの写真が載っている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

裏面の原材料を見てみると、「アオサ」「粉末鰹節」「紅生姜パウダー」「たこパウダー」入り。まさしくたこ焼きを想像させる成分に、「これ、たこ焼きの味がするのでは?」と勘違いしてしまったほど。

(©ニュースサイトしらべぇ)

■銀だこソースの再現度は…

袋を開けると、ソースの匂いがふんわり…そして、ソースを連想させる茶色のポップコーンが登場。

(©ニュースサイトしらべぇ)

一口食べてみると、甘めのソースの後に、鰹節の風味が広がってくる! あ、もう一個食べたい…とついつい手が伸びてしまう味。やばい、食べ過ぎそう。袋が空きそう。

(©ニュースサイトしらべぇ)

たこ焼きらしく、アオノリもしっかりかかっている。定番の「バターしょうゆ味」に比べると濃いめの味付けのため、食べている時の満足度も高い。

味が美味しいのは分かったが、この「ソース味」がどれほど本物の銀だこのソースと似てるか気になる…。ということで、実際に「銀だこ」を用意して、食べ比べしてみることに。

(©ニュースサイトしらべぇ)

まあ、見た目は全く違う。当たり前だが。しかし、その味は…「ソース、かなり似てる!」。

銀だこソースの甘辛く、奥深い独特な味わいは、たこ焼きにもポップコーンにも合うってことなのか。おやつにもいいが、たこ焼き同様、お酒のつまみに最適。

(©ニュースサイトしらべぇ)

こんなメニューがあったら、ビールやハイボールがもっと進んじゃいそう…むしろ出して欲しい。

「銀だこのソースが好き!」「ポップコーン、塩じゃ物足りないんだよね」なんて人は、コンビニやスーパーでチェックしてみては。

・合わせて読みたい→映画『銀魂』ついに公開! 前評判以上の内容で「お腹が痛くなる」

(取材・文/しらべぇ編集部・ステさん

マイクポップコーンと銀だこがコラボ! 濃厚なソース味に手が止まらない