俳優の磯村勇斗が7日に放送される読売テレビ・日本テレビ系バラエティ番組『ダウンタウンDX』(毎週木曜22:00~)に初登場する。

出演した朝ドラ『ひよっこ』(4~9月)で、人生が一変したという磯村は「朝ドラは憧れで、この大きなチャンスを逃したくない。出演中はNHKと家を行ったり来たりでした」と述懐。大事なドラマのため、トラブルや変な疑いを持たれないように、外で酒を飲むのを控えていたそうで、「ガールズバーは心の支えになっているんですけど、そういう所も…」と本音を漏らす。

他にも磯村は、ヒロインを演じた有村架純らと一緒に飲みに行った時のエピソードも語る。

一方、トレンディエンジェルの斎藤司は、文春砲に撃たれた5月18日と、月9ドラマ『民衆の敵』(フジテレビ系)の初回放送日(10月23日)が転機だったそう。

斎藤が「お笑いは得意じゃない方なんですけど、ドラマでは結構なムードメーカーになって…。みんな笑ってくれて…」と現場の様子を語ると、相方のたかしは「斎藤さんは皆が話している楽屋で声を出しながらドラマの台本を読む。周りの芸人はちょっとイラついていて…。皆にアピールするいわゆる"綾部病"」と、売れっ子アピールがウザいことを暴露する。

画像提供:マイナビニュース