人気女優の高畑充希が、阿部潤氏による人気グルメ漫画をテレビ東京がスペシャルドラマ化する「忘却のグルメ」に主演することがわかった。高畑にとって、同局ドラマ初主演。完璧な仕事ぶりから"鉄の女"と称されるが、結婚式当日に新郎に逃げられ人生が変わる文芸誌編集者・サチコに扮している。

【フォトギャラリー】そのほかの画像はこちら

累計販売数50万部を突破した、「週刊ビッグコミックスピリッツ」で連載中の同名漫画が原作。文芸誌編集者のサチコは、仕事も順風満帆、私生活でも旅先で出会った男性・俊吾との結婚が決まるなど幸福の絶頂にいた。しかし結婚式当日、俊吾は理由も告げずに失踪。翌日、何をしていても俊吾のことが頭から離れず、自分が想像以上のダメージを受けていたことに気がついたサチコ。何気なく入った定食屋で、適当に選んだ定食を口に入れた瞬間、全身を電流が貫いた。おいしいものを食べるときだけ嫌なことを忘れられたサチコは、時に暴走しながらも"忘却のグルメ"を求め奔走し始める。

趣味が「グルメ漫画を集めること」で、もともと原作のファンだったという高畑。「私自身のサチコさん愛が強い分、演じる時には自分の中で理想が高くなってしまって、普段とはまた違ったプレッシャーにドキドキヒヤヒヤしました」と明かし、「サチコさんは表情が能面みたいに変わらず、感情が読み取りにくい上に、明らかに『それはどういうことだろう?』と周りの人がポカンとなるようなことを、ただひたすら一生懸命にやっているシュールな面白さがあるキャラクターです。基本的にはロボット感、増し増しな人ですが、ふと溢れ出てしまう弱さや垣間見える可愛らしさが私は大好きです」と語る。

そして、ファンに向け「わかりやすく共感できるヒロインではないと思いますが、サチコさんに対して『次は何をやるのかな? すごく平気な顔をしているけれど、大丈夫かな?』とペットを見守るような感覚で、愛情をもって観察していただけると嬉しいなと思います!」と実直にアピール。見どころを「食べている時のナレーションのテンポとテンションの高さが好きですね。台本のセリフの文体自体がフィーバーしています(笑)。映像と合体したら『激しい』食事シーンになって面白いのではと思います」と話した。

さらにプロデューサーの木下真梨子氏は、「表情豊かで笑顔がとても魅力的な高畑さん。一方、サチコさんはロボット的でほぼ真顔。このギャップがどんな化学反応を見せてくれるのかドキドキでしたが、見れば見るほど、放っておけない可愛さが爆発しています」と絶賛し、「撮影初日は、とある大御所俳優の方と、とんでもないシーンからスタートしました」と期待をあおっている。スペシャルドラマ「忘却のグルメ」は、2018年1月2日の午後11時15分に放送。

異色暴走グルメ漫画のドラマ化に 主演!「ペットを見守る感覚で観察して」