安室奈美恵や桑田佳祐の出場が決まらず、視聴率が爆死確実との噂も絶えない「第68回NHK紅白歌合戦」。わずかばかりの光明と言える初出場陣の中で、もっとも注目を浴びているのがウッチャンナンチャン・内村光良の総合司会就任だという声もある。ところがその内村に対して、ある大物芸人コンビが大激怒しているというのだ。

「ずばり『とんねるず』ですよ。彼らは唯一の冠番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の来年3月での終了が11月初旬に報じられ、12月1日になって社長が否定してはいましたが、存続するとも明言しておらず、いずれにせよいまや崖っぷち。それゆえ内村の抜擢には『あいつがやるならオレたちでもよかったはず』と不満を抱いているとか。とんねるずには“野猿”名義も含めれば3回の紅白出場歴があり、ポケットビスケッツで1回しか出場していない内村より実績が上との思いがあるようです。しかも石橋貴明は音楽番組『うたばん』(TBS)で13年にわたって司会を務めていたため、『音楽ではオレたちの方が活躍している』とひどく気分を害しているようです」(業界関係者)

 そのとんねるずはウンナンの5年先輩に当たり、後輩の抜擢は気に食わないということか。ただとんねるずにはかつてNHKを出禁状態になっていた過去があり、司会起用はそもそも有り得ないという指摘もあるようだ。

「91年の紅白に17thシングルの『情けねえ』で初出場を果たした際、『受信料を払おう』というボディーペインティングを背中に施し、NHKの大ヒンシュクを買ったのです。この出禁はのちに解けたものの、総合司会への就任はさすがに無理でしょう」(前出・業界関係者)

 どうせなら、またCDをヒットさせれば、来年の紅白には出演者として声が掛かるかも?

(浦山信一)

アサ芸プラス