冬の高速道路でしばしばみられる「チェーン規制」、冬タイヤでOKの場合もあれば、冬タイヤでもチェーンが必要になるケースもあります。また夏タイヤだとどのような規制を受けるのでしょうか。改めて確認してみました。

ちゃんと知っておきたい冬場のチェーン規制

冬の高速道路では、「チェーン規制」がしばしば敷かれます。しかし、必ずしもタイヤチェーンが必要というわけではなく、冬タイヤをはいていればOKというケースもよく見られます。

そもそもこの「チェーン規制」、具体的にはどのようなルールになっているのでしょうか。NEXCO東日本東北支社に聞きました。

――「チェーン規制」とは何を規制するものなのでしょうか?

基本的には、冬用タイヤもしくはタイヤチェーン非装着のクルマについて、通行を規制するものです。ただし天候や場所によっては、冬用タイヤであってもタイヤチェーンの装着が必要になることがあります。

――走行が可能なタイヤはどのようなものでしょうか?

スタッドレスタイヤや、一部のオールシーズンタイヤなどです。夏用タイヤであったとしても、タイヤチェーンを装着していれば走行できます。多くの都道府県では、積雪または凍結した路面を走行するときには、タイヤチェーンや滑り止め性能を有するタイヤを装着しなければならないということが条例で制定されていますが、これらが駆動輪のみか、全車輪に装着しなければならないか、などは都道府県によって異なります。

検問で夏タイヤだったらどうなる?

チェーン規制の検問で、チェーンあるいは冬タイヤ未装着だった場合はどうなるのでしょうか。関越道や上信越道など、本格的な積雪地域への入口付近でタイヤチェック(検問)を行っているNEXCO東日本関東支社は、次のように話します。

「タイヤチェックを行う場所付近に反転路がある場合は、それを使って引き返す、あるいは流出ランプがある場合は、そこから高速道路を降りていただくことになります。場所の構造上、引き返すことも降りることもできない場合では、つぎのICで降りていただくよう案内しています」(NEXCO東日本関東支社)

「チェーン規制」で求められる滑り止め策は、実際にはそのときの路面状況や、都道府県ごとに異なってくるようです。冬に高速道路を走行するときは、やはり全車輪へ冬用タイヤを装着したうえで、特に積雪地域では全車輪ぶんのタイヤチェーンを携行したほうがよさそうです。

また、天候によって路面条件も刻々と変化し、規制内容が変わることもあるといい、NEXCO東日本東北支社は、行先の状況についてカーラジオやSAなどでこまめに情報収集してほしいとしています。

【グラフ】事故が多いのは冬の前半期

冬の高速道路で「チェーン規制」が敷かれた場合、タイヤチェック(検問)が行われることもある。写真はイメージ(画像:photolibrary)。